PROFILE

ジェニー

Author:ジェニー

CATEGORIES
TAGS

映画 ドキュメンタリー 洋画 動物 アニメ TVシリーズ 心霊 邦画 オムニバス コメディ アクション ホラー パニック サスペンス BBC 宇宙 SF ファンタジー ディザスター 都市伝説 風景 アドベンチャー 恐竜 事件 UFO 自然  音楽   ロビン・ウィリアムズ 旅行 ディズニー 劇場版 実話 ドリームワークス 昆虫 エイリアン 超常現象 昔話 陰謀 絵本 飛行機 サイコ ジェフ・ゴールドブラム ラブストーリー CG  セクシー 宇宙人 アート ドラえもん 刑事もの ファミリー 乗り物 時代劇 地球  ピクサー ミリタリー 名城 トム・ハンクス ドラマ 世界史 海外ドラマ 海外 世界名作劇場 人形劇 深海 世界遺産 コズミックフロント ミステリー 生物 野沢雅子 歴史 童話 マイケル・J・フォックス ホテル  ディスカバリーチャンネル 田中真弓 ヒュー・グラント 爬虫類 サンドラ・ブロック 地球外生命体 建物  料理 旅客機 UMA 日本史 タイムスリップ ペット 犯罪 ヒーロー スリラー 絵画 伊丹十三 科学捜査 戦闘機 ベン・スティラー ジム・キャリー ロバート・デ・ニーロ 吉田理保子 レオナルド・ダ・ヴィンチ 武田鉄矢 宮崎駿 大塚明夫 ジョニー・デップ クリスマス 空撮 ジブリ 手塚治虫 エディ・マーフィ 再現ドラマ スティーヴン・スピルバーグ 災害 バイク 未来 ジュリア・ロバーツ ジェニファー・ロペス ウーピー・ゴールドバーグ ウィル・スミス 海中 怪談 ダンス パフォーマンス ロボット 地球ドラマチック  マヤ文明 西田敏行 ペンギン 海底 モーガン・フリーマン マイケル・クラーク・ダンカン 特殊部隊 空港 電車 スティーブン・スピルバーグ メグ・ライアン 人類滅亡 潜水艦 海軍 ウサギ 哺乳類  スラッシャー映画 パロディ アン・ハサウェイ シミュレーション イルミネーション メリル・ストリープ ジャッキー・チェン 殺人鬼 空軍 ヘリコプター 兵器 稲川淳二 リスザル ユアン・マクレガー フェイクドキュメンタリー スポーツカー 三國連太郎  戦国時代  オランダ映画 CQB 時代 ジャック・ニコルソン 野鳥 キアヌ・リーブス 実写版 NHK宇宙チャンネル 鉄道 クワガタ 花火 戦車 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ カブトムシ ブルース・ウィリス OVA 探検 イルカ ラブコメ レッスン 植木等 珊瑚礁 カナダ 海洋生物 軍艦 フィンランド ベリーダンス 地球伝説 植物 高畑勲 SF  モンスター ピラミッド 特撮 タカ トミー・リー・ジョーンズ 事故 イタリア ドリュー・バリモア ミュージカル ケビン・コスナー ケーブルカー 妖怪 戦闘艦 自然現象 サクセスストーリー ニコラス・ケイジ 映画音楽 ロープウェイ ダンプ ジェット機 サイエンス トム・クルーズ 世良公則 TV スペシャル 海兵隊 プロペラ機 ブラッド・ピット スコット・スピードマン トラック ブルドーザー オーランド・ブルーム オカルト ロバート・ダウニーJr. 装甲車 北野武 ランボルギーニ ティム・バートン サメ  ミイラ 戦争 殺人 マインドコントロール ケイト・ハドソン 名所  悪魔 アルマゲドン ヒストリーチャンネル ハムスター 砂漠 両生類 サバイバル 秘密結社 健康 体操 運動 モータースポーツ レーシングカー 海水魚 淡水魚 なぞなぞ  エクササイズ 紅葉 フィットネス ポールダンス 超能力 スピンオフ アトランティス ゴマフアザラシ サーベルタイガー 偉人 マンモス ニュージーランド アメリカ ホッキョクグマ マシンガン ネアンデルタール人 クロマニョン人 ミラ・ジョヴォヴィッチ 衛星 自衛隊 怪奇現象 釣りバカ日誌 TVドラマ ブラックベア グリズリー イスラエル ダイアナ グルメ ドイツ エクトプラズム ゴルフ 藤子不二雄 クジラ ロシア アウストラロピテクス クマ 類人猿 ネズミ フランス 太陽 ポルターガイスト 人魚 クロウサギ ゾンビ スーパーカー ペルシュロン ミニホース 地震 コモンリスザル コツメカワウソ カワウソ アンゴラ カリフォルニアアシカ イングリッシュアンゴラ ノストラダムス 予言 予知能力 アイドル ヤギ ルパン三世 TVスペシャル SL ワニ 軍隊  ダム ファミリー映画 新幹線 ミナミアメリカオットセイ オットセイ アルゼンチン サッカー 特急 スポーツ アシカ クロエ・グレース・モレッツ 伝記ドラマ パワースポット  Queen 動物園  ビッグフット 悪魔払い ロマンティック 海草 夜景 海藻 熱帯魚 プラネタリウム 星座 地中海 水族館 ナマケモノ 富士山 ミステリー・サークル フタユビナマケモノ 竜巻 ミニブタ ブタ フクロモモンガ アルパカ 名作童話 サイバー攻撃 特殊能力 サル オオタカ タイムマシン トレッキング 

SEARCH
amazon

1155

最新衛星があばく 地球のミステリー

語り萩原聖人久保田祐佳声の出演宗矢樹頼植竹香菜内容日本の最新衛星がミステリアスな地球の姿をとらえている。2015年7月に本格運用が始まった気象衛星「ひまわり8号」は、高解像度でカラーの画像を高頻度に撮影することで、これまで見ることのできなかった雲の細かい様子を見せてくれる。雲が発生する不思議な様子や、猛威をふるう台風の目で生じる現象、さらに地球規模で連鎖するダイナミックな気象現象まで見えてきた。また2014... <img src="//blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/201611222128484ed.jpg" alt="最新衛星があばく 地球のミステリー" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>語り</strong><br />萩原聖人<br />久保田祐佳<br /><br /><strong>声の出演</strong><br />宗矢樹頼<br />植竹香菜<br /><br /><strong>内容</strong><br />日本の最新衛星がミステリアスな地球の姿をとらえている。<br />2015年7月に本格運用が始まった気象衛星「ひまわり8号」は、高解像度でカラーの画像を高頻度に撮影することで、これまで見ることのできなかった雲の細かい様子を見せてくれる。<br />雲が発生する不思議な様子や、猛威をふるう台風の目で生じる現象、さらに地球規模で連鎖するダイナミックな気象現象まで見えてきた。<br />また2014年11月から本格運用が始まった陸域観測技術衛星「だいち2号」は、マイクロ波を使って、雲や木々に遮られることのない、ありのままの地表の姿を映し出すことができる。<br />そして富士山の周辺の地表で、謎の円い模様を発見。これはいったい何なのか? <br />さらにマイクロ波の画像を解析すると、地下の様子まで見えてくるという。<br />雲も地表も地下も、宇宙だからこそ見ることができるのだ。<br />いま、日本の誇る最新衛星が続々ととらえている地球の不思議な光景や現象に迫る。<br /><br /><br />(C)NHK<br /><br /><br /><br />
1154

恐竜絶滅 隕石説の真相

語り萩原聖人礒野佑子声樫井笙人玄田哲章宗矢樹頼河本邦弘幸田夏穂植竹香奈内容太古の昔、繁栄をきわめていた恐竜。その絶滅の原因として知られているのが「巨大隕石衝突説」だ。しかし、生命の絶滅は気候変動による地球環境の変化や自然とう汰によって起こると信じられており、当時は支持されなかった。そんな中、無名の地質学者たちが生命進化に大きな影響を与えた隕石衝突説の真相を解明したのだ。6600万年前、地球に一体何が起... <img src="//blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20161122161936377.jpg" alt="恐竜絶滅 隕石説の真相" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>語り</strong><br />萩原聖人<br />礒野佑子<br /><br /><strong>声</strong><br />樫井笙人<br />玄田哲章<br />宗矢樹頼<br />河本邦弘<br />幸田夏穂<br />植竹香奈<br /><br /><strong>内容</strong><br />太古の昔、繁栄をきわめていた恐竜。<br />その絶滅の原因として知られているのが「巨大隕石衝突説」だ。<br />しかし、生命の絶滅は気候変動による地球環境の変化や自然とう汰によって起こると信じられており、当時は支持されなかった。<br />そんな中、無名の地質学者たちが生命進化に大きな影響を与えた隕石衝突説の真相を解明したのだ。<br />6600万年前、地球に一体何が起こったのか、地質学者たちはいかにして証拠をつかんだのか、その歴史に迫る。<br /><br /><br /><br />
1153

UFOの謎に迫れ!

UFO現象の謎を追え!最新科学が迫る驚異の正体内容突如上空に現れ、奇妙な光を放ちながら、ありえない動きを見せ、消え去るUFO。そのUFOを35年も前から科学的に追い続ける国家機関がある。その名はGEIPAN(ゲイパン)。フランス国立宇宙研究センターCNESの一組織として、全国から寄せられる数多くの「UFO」目撃報告を徹底検証し、膨大なデータベースを作成している。UFOの正体は、多くは明るい星や流星、気球等の見間違いだが、そ... <img src="//blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/2016112123544335c.jpg" alt="UFOの謎に迫れ!" border="0" width="500" height="319" /><br /><br /><strong>UFO現象の謎を追え!<br />最新科学が迫る驚異の正体</strong><br /><br /><strong>内容</strong><br />突如上空に現れ、奇妙な光を放ちながら、ありえない動きを見せ、消え去るUFO。<br />そのUFOを35年も前から科学的に追い続ける国家機関がある。<br />その名はGEIPAN(ゲイパン)。<br />フランス国立宇宙研究センターCNESの一組織として、全国から寄せられる数多くの「UFO」目撃報告を徹底検証し、膨大なデータベースを作成している。<br />UFOの正体は、多くは明るい星や流星、気球等の見間違いだが、それでも説明の付かない事象がいまや「UAP(未確認大気現象)」という新たな分野に位置づけられ、調査・研究の対象となっている。<br />その結果、新たなプラズマ発光現象が発見されるなど、科学成果も挙がっている。<br />一方、どうにも説明の付かない事象が2割以上も存在し、偽造とは思えない映像も数多く残されている。<br />UFO現象は実在するのか?そして、その正体は? <br />謎のUFO現象に挑む科学者たちの情熱を追った。<br /><br /><br /><br />
1156

ミステリー 宇宙人との遭遇

宇宙人との遭遇は可能か?最も有名なUFO事件のロズウェル事件を検証。さらに生物学や物理学の分野から宇宙人の姿や宇宙人と出会う可能性に迫る。語り真下貴内容地球以外にも知的生命はいるはずだと、多くの研究者たちは考えている。では、私たちは宇宙人と出会うことはできるのか?そんな疑問を科学的なアプローチで解き明かしていく。まずは、1947年にUFOが目撃されたとするロズウェル事件を検証。当事の関係者たちに取材し... <img src="//blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20161122230018ac2.jpg" alt="ミステリー 宇宙人との遭遇" border="0" width="500" height="316" /><br /><br /><strong>宇宙人との遭遇は可能か?<br />最も有名なUFO事件のロズウェル事件を検証。<br />さらに生物学や物理学の分野から宇宙人の姿や宇宙人と出会う可能性に迫る。</strong><br /><br /><strong>語り</strong><br />真下貴<br /><br /><strong>内容</strong><br />地球以外にも知的生命はいるはずだと、多くの研究者たちは考えている。<br />では、私たちは宇宙人と出会うことはできるのか?<br />そんな疑問を科学的なアプローチで解き明かしていく。<br />まずは、1947年にUFOが目撃されたとするロズウェル事件を検証。<br />当事の関係者たちに取材した。<br />さらには生物学と天文学の分野から描く宇宙人の姿。<br />異星人同士が遭遇するのに必要な恒星間移動についての可能性を検証する。<br /><br /><br /><br />
1159

地球 超未来への旅

地球の「超」未来の旅に案内する!!語り萩原聖人守本奈実声宗矢樹頼植竹香奈酒巻光宏山崎健太郎千田光男内容私たちの住む星・地球はこの先どんな運命をたどるのか?最新の科学で、地球の「超未来」の驚きの姿が見えてきた。数十億年後、太陽は巨大化し地球に迫ってくる。その時、地球は飲み込まれてしまうのか?それとも生き延びることができるのか?新たな観測から、地球と太陽の運命の道筋が現れてきた。さらに、これまで考えられ... <img src="//blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20161123231732977.jpg" alt="地球 超未来への旅" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>地球の「超」未来の旅に案内する!!</strong><br /><br /><strong>語り</strong><br />萩原聖人<br />守本奈実<br /><br /><strong>声</strong><br />宗矢樹頼<br />植竹香奈<br />酒巻光宏<br />山崎健太郎<br />千田光男<br /><br /><strong>内容</strong><br />私たちの住む星・地球はこの先どんな運命をたどるのか?<br />最新の科学で、地球の「超未来」の驚きの姿が見えてきた。<br />数十億年後、太陽は巨大化し地球に迫ってくる。<br />その時、地球は飲み込まれてしまうのか?それとも生き延びることができるのか?<br />新たな観測から、地球と太陽の運命の道筋が現れてきた。<br />さらに、これまで考えられていたものとは、全く別の運命をたどる可能性があることが分かってきた。<br />それは、大宇宙を放浪するというシナリオだ。<br />その後、はるか遠い未来に起きるという地球の究極の結末が、昨年のノーベル物理学賞の受賞につながった「スーパーカミオカンデ」で、日夜実験が行われているという。<br />途方もない、地球の超未来への旅に案内する。<br /><br /><br /><br />
1025

一千億個の地球!?

内容1960年、「オズマ計画」と名付けられた世界初の地球外知的生命探査が行われた。このとき電波望遠鏡が向けられたのが、秋の星座・くじら座のタウ星だった。これは太陽系のすぐ隣にある太陽に似た恒星で、生命を持つ惑星を持つ可能性が高いと考えられていた。それから半世紀たった今、世界中の最新望遠鏡が新たな惑星探しにしのぎを削っている。そして2012年12月、あのくじら座タウ星に「地球に似た惑星」が5つ存在す... <img src="//blog-imgs-82-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/201509231437256c7.jpg" alt="一千億個の地球!?" border="0" width="500" height="319" /><br /><br /><strong>内容</strong><br />1960年、「オズマ計画」と名付けられた世界初の地球外知的生命探査が行われた。<br />このとき電波望遠鏡が向けられたのが、秋の星座・くじら座のタウ星だった。<br />これは太陽系のすぐ隣にある太陽に似た恒星で、生命を持つ惑星を持つ可能性が高いと考えられていた。<br />それから半世紀たった今、世界中の最新望遠鏡が新たな惑星探しにしのぎを削っている。<br />そして2012年12月、あのくじら座タウ星に「地球に似た惑星」が5つ存在することが明らかになった。<br />しかも一部の星は、生命に適した温度を持つという。<br />さらに2013年10月に発表されたNASAの宇宙望遠鏡ケプラーの最新報告によれば、銀河系には「地球に似た惑星」が予想以上に多いこともわかってきた。<br />「私たち人類は、広大な宇宙の中でひとりぼっちなのか?」という古くからの問いに挑みつづける科学者の足跡を追い、天文学で最もホットな分野のひとつに成長した「太陽系外惑星研究」の最前線に迫る。<br /><br /><br />
758

地球を襲う太陽嵐

太陽嵐のメカニズム研究の最前線や、産業・社会基盤などを守ろうとする“宇宙天気予報”の取り組みを紹介!明日にも起きるかもしれない太陽嵐の脅威と備えの方策を探る!制作・監督ベン・フォックスシリーズ編集アイダン・ラヴァティ内容突然、都市に大規模な停電が起き、GPSが使えなくなり、人工衛星が失われる……そんなパニック映画のようなリスクがひそかに私たちの生活を脅かしている。原因は太陽の表面で起きる爆発によって発生... <img src="//blog-imgs-67-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/2014080813321814f.jpg" alt="地球を襲う太陽嵐" border="0" width="500" height="319" /><br /><br /><strong>太陽嵐のメカニズム研究の最前線や、産業・社会基盤などを守ろうとする“宇宙天気予報”の取り組みを紹介!<br />明日にも起きるかもしれない太陽嵐の脅威と備えの方策を探る!</strong><br /><br /><strong>制作・監督</strong><br />ベン・フォックス<br /><br /><strong>シリーズ編集</strong><br />アイダン・ラヴァティ<br /><br /><strong>内容</strong><br />突然、都市に大規模な停電が起き、GPSが使えなくなり、人工衛星が失われる……<br />そんなパニック映画のようなリスクがひそかに私たちの生活を脅かしている。<br />原因は太陽の表面で起きる爆発によって発生する「太陽嵐」だ。<br />強い電磁波やプラズマが1億5千万km離れた地球に降り注ぐのだ。<br />次に太陽活動がピークをむかえるのは今年の秋頃と予想されている。<br />IT化が進んだ現代社会で大規模な太陽嵐が地球を襲った場合、停電に加えて電子機器の異常動作や情報通信の障害などで全世界が混乱に陥る恐れがあり、アメリカでの報告では損害は最大2兆ドルに上ると推計されている。<br />太陽嵐が地球の高層大気を加熱し膨張させることで、人工衛星が軌道を外れ墜落するケースもある。<br />また、最近の研究では、過去に観測された最大級の太陽嵐を上回る規模の「スーパーフレア」が発生する可能性もあるとわかってきた。<br />番組では、近年解き明かされつつある太陽嵐のメカニズム研究の最前線や、産業・社会基盤などを守ろうとする“宇宙天気予報”の取り組みを紹介し、明日にも起きるかもしれない太陽嵐の脅威と備えの方策を探る。<br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop