PROFILE

ジェニー

Author:ジェニー

CATEGORIES
TAGS

映画 ドキュメンタリー 洋画 動物 アニメ TVシリーズ 心霊 邦画 コメディ オムニバス ホラー 宇宙 アクション BBC サスペンス パニック SF ファンタジー 都市伝説 ディザスター アドベンチャー 恐竜 風景 UFO 事件  ディズニー  自然 音楽 CG 地球  ドリームワークス 旅行 ロビン・ウィリアムズ 実話 劇場版 昆虫 エイリアン 陰謀 宇宙人 超常現象 絵本 昔話 コズミックフロント セクシー 飛行機 地球外生命体 サイコ ラブストーリー 時代劇 ジェフ・ゴールドブラム  ドラえもん ピクサー アート 刑事もの ファミリー 名城  乗り物 ミリタリー ディスカバリーチャンネル トム・ハンクス ミステリー 世界史 世界名作劇場 ドラマ 海外ドラマ 人形劇 科学 生物 世界遺産 深海 研究 建物  日本史 マイケル・J・フォックス ヒュー・グラント 田中真弓 野沢雅子 旅客機 サイエンスチャンネル 料理 爬虫類 サンドラ・ブロック 科学のフロンティアシリーズ タイムスリップ 理化学研究所  ヒーロー ホテル 歴史 UMA 海外 童話 怪談 吉田理保子 地球ドラマチック 絵画 スリラー レオナルド・ダ・ヴィンチ 伊丹十三 戦闘機 ジム・キャリー ロバート・デ・ニーロ 武田鉄矢 ベン・スティラー シミュレーション 犯罪 クリスマス 大塚明夫 科学捜査 宮崎駿 ジョニー・デップ ペット スティーヴン・スピルバーグ 西田敏行 ウーピー・ゴールドバーグ ジブリ モーガン・フリーマン バイク ウィル・スミス ジュリア・ロバーツ エディ・マーフィ 再現ドラマ 災害 ジェニファー・ロペス ピラミッド マヤ文明 手塚治虫 海中 空撮 惑星 未来 スラッシャー映画 スクリーン・マシーン タイムトラベル 殺人鬼 アン・ハサウェイ ペンギン タイムマシン メリル・ストリープ コント ダンス パフォーマンス ロボット 細胞 ヒストリーチャンネル 人類滅亡 ザ・ドリフターズ 水戸黄門 予言 特殊部隊  潜水艦 海軍 空港 電車 スティーブン・スピルバーグ 三國連太郎 ジャッキー・チェン メグ・ライアン ウサギ ユアン・マクレガー OVA ノストラダムス 哺乳類 パロディ ラブコメ マイケル・クラーク・ダンカン カナダ イルミネーション  地球伝説 海底 イルカ キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 鉄道 オランダ映画 釣りバカ日誌 ネアンデルタール人 ジャック・ニコルソン NHK宇宙チャンネル  ミュージカル スポーツカー フェイクドキュメンタリー クマ キアヌ・リーブス フィンランド モンスター 探検 秘密結社 戦国時代 リスザル 稲川淳二  宜保愛子 タカ フランス バミューダ・トライアングル スポーツ CQB イギリス 怪奇現象 実写版 トミー・リー・ジョーンズ 特撮 ドリュー・バリモア  珊瑚礁 空軍 時代 イタリア ヘリコプター カブトムシ 植物 花火 兵器 レッスン ブルース・ウィリス ベリーダンス クワガタ 高畑勲 野鳥 海洋生物 植木等 事故 ホーキング博士 戦車 SF 軍艦 Queen  ミラ・ジョヴォヴィッチ マシンガン お笑い クロマニョン人 綾小路きみまろ 衛星 アメリカ 装甲車 オカルト スペシャル サイエンス 海兵隊 自衛隊 ジェット機 北野武 TVドラマ サーベルタイガー 蛍光タンパク質 物質 プロペラ機 フロント 偉人 柔道 ニュージーランド マンモス コズミック 核戦争 イオンビーム OV 隕石 ケビン・コスナー ブラックホール 人類 古代ローマ 妖怪 ロズウェル事件 NHKスペシャル 絶滅 fMRI 出エジプト記 古代 脳内薬品 異星人 世良公則 プロザック ロバート・ダウニーJr.  火星 十戒 モーゼ ジェームズ・キャメロン 古代文明 人体 ヴァチカン 古代エジプト 死後の世界 SSRI ハロウィン ウイルス レオナルド・ダ・ヴィンチ キリスト サクセスストーリー つのだじろう オーランド・ブルーム 世界滅亡 神経 水爆 ホッキョクグマ ブラッド・ピット  宗教 ニコラス・ケイジ 生命 進化 トム・クルーズ 反物質 ツングースカ爆発 スコット・スピードマン 滅亡 TVスペシャル 伝記ドラマ パワースポット  悪魔 アトランティス アルマゲドン  悪魔払い ハムスター 海藻 熱帯魚 星座 ロマンティック プラネタリウム 動物園 ビッグフット 名作童話 魔女っ子シリーズ エクトプラズム 特殊能力 ドイツ サル 藤子不二雄 ゴルフ 地中海  水族館 サイバー攻撃 ゴマフアザラシ 海草 夜景 紅葉 ケイト・ハドソン エクササイズ フィットネス スピンオフ ポールダンス サバイバル 殺人  ティム・バートン ミイラ 戦争 マインドコントロール 超能力  レーシングカー モータースポーツ 淡水魚 海水魚 人魚 ポルターガイスト 両生類 健康 名所 なぞなぞ 砂漠 運動 体操 イスラエル オオタカ ネズミ 太陽 SL サメ 類人猿 ルパン三世 ファミリー映画 新幹線 オットセイ ロシア ミナミアメリカオットセイ アルゼンチン 特急 サッカー ワニ アウストラロピテクス 自然現象 ケーブルカー 映画音楽 戦闘艦 トラック ブルドーザー ロープウェイ トレッキング グリズリー 軍隊 ダム  ブラックベア ヤギ アイドル ブタ ダイアナ ミニブタ クロエ・グレース・モレッツ カリフォルニアアシカ アシカ 竜巻 フタユビナマケモノ フクロモモンガ アルパカ ミステリー・サークル 富士山 ナマケモノ アンゴラ イングリッシュアンゴラ ペルシュロン グルメ ミニホース コモンリスザル 地震 クジラ クロウサギ ゾンビ カワウソ 予知能力 コツメカワウソ ランボルギーニ スーパーカー ダンプ 

SEARCH
589

耳をすませば

少女漫画を基に宮崎駿がアレンジを加え脚本化した青春ストーリー製作プロデューサー・脚本・絵コンテ宮崎駿監督近藤喜文原作柊あおい出演(声)本名陽子高橋一生立花隆室井滋露口茂小林桂樹ストーリー月島雫は、明るく読書好きな女の子。中学3年になって周りは皆受験勉強で一生懸命なのに、いつも学校の図書館や市立図書館で本を読みふけっていた。雫はある日、図書館の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前を発見する。雫が読む... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005R5J9/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51bQ7qxqDDL.jpg" alt="耳をすませば<br />" style="border:none;" /></a><br /><br /><strong>少女漫画を基に宮崎駿がアレンジを加え脚本化した青春ストーリー</strong><br /><br /><strong>製作プロデューサー・脚本・絵コンテ</strong><br />宮崎駿<br /><br /><strong>監督</strong><br />近藤喜文<br /><br /><strong>原作</strong><br />柊あおい<br /><br /><strong>出演(声)</strong><br />本名陽子<br />高橋一生<br />立花隆<br />室井滋<br />露口茂<br />小林桂樹<br /><br /><strong>ストーリー</strong><br />月島雫は、明るく読書好きな女の子。<br />中学3年になって周りは皆受験勉強で一生懸命なのに、いつも学校の図書館や市立図書館で本を読みふけっていた。<br />雫はある日、図書館の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前を発見する。<br />雫が読む本には必ずといっていいほどその名前があった。<br />やがて、雫はひとりの少年と出会う。<br />中学を卒業したらイタリアへ渡って、ヴァイオリン職人の修行をしようと決意している少年。<br />その少年こそが「天沢聖司」であった。<br />雫は聖司に惹かれながらも、将来の進路や未来、そして自分の才能にもコンプレックスと焦りを感じていた。<br />やがて、雫は聖司の生き方に強く心を動かされ、聖司の祖父・西老人が経営する不思議なアンティークショップ「地球屋」にあった猫人形「バロン」を主人公にした物語を書き始めるのだった…。<br /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005R5J9/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank">「耳をすませば」 商品詳細を見る</a><br /><br /><br /><br />
103

借りぐらしのアリエッティ

イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」をスタジオジブリが映画化。監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」で原画、「ゲド戦記」で作画監督補を務めた米林宏昌。企画・脚本に宮崎駿。企画・脚本宮崎 駿監督米林宏昌プロデューサー鈴木敏夫原作メアリー・ノートン脚本丹羽圭子美術武重洋二、吉田昇主題歌セシル・コルベルアニメーション制作スタジオジブリ出演 (声)志田未来神... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00361FLDQ/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51a22DEZZZL.jpg" alt="借りぐらしのアリエッティ [DVD]" style="border:none;" /></a><br /><br /><strong>イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」をスタジオジブリが映画化。<br />監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」で原画、「ゲド戦記」で作画監督補を務めた米林宏昌。企画・脚本に宮崎駿。</strong><br /><br /><strong>企画・脚本</strong><br />宮崎 駿<br /><br /><strong>監督</strong><br />米林宏昌<br /><br /><strong>プロデューサー</strong><br />鈴木敏夫<br /><br /><strong>原作</strong><br />メアリー・ノートン<br /><br /><strong>脚本</strong><br />丹羽圭子<br /><br /><strong>美術</strong><br />武重洋二、吉田昇<br /><br /><strong>主題歌</strong><br />セシル・コルベル<br /><br /><strong>アニメーション制作</strong><br />スタジオジブリ<br /><br /><strong>出演 (声)</strong><br />志田未来<br />神木隆之介<br />大竹しのぶ<br />竹下景子<br />藤原竜也<br />三浦友和<br />樹木希林<br /><br /><strong>ストーリー</strong><br />とある郊外に荒れた庭のある広大な古い屋敷があった。<br />その床下で、もうすぐ14歳になる小人の少女・アリエッティは、<br />父ポッドと母ホミリーと3人でひっそりと静かに暮らしていた。<br />アリエッティの一家は、屋敷の床上に住む<br />ふたりの老婦人、女主人の貞子とお手伝いのハルに気づかれないように、<br />少しずつ、石けんやクッキーやお砂糖、電気やガスなど、<br />自分たちの暮らしに必要なモノを、必要な分だけ借りて来て暮らしていた。<br />借りぐらしの小人たち。<br />そんなある夏の日、その屋敷に、病気療養のために12歳の少年・翔がやって来た。<br />人間に見られてはいけない。見られたからには、引っ越さないといけない。<br />それが床下の小人たちの掟だったが、アリエッティは翔に姿を見られてしまう。<br />「おまえは、家族を危険にさらしているんだぞ」<br />アリエッティは、父に反発する。<br />「人間がみんなそんなに危険だとは思わないわ」<br />アリエッティは、生来の好奇心と向こう見ずな性格も手伝って、<br />次第に翔に近づいて行く。<br />アリエッティの家族に大きな事件が迫っていた。<br />―人間と小人、どちらが滅びゆく種族なのか!?<br /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00361FLDQ/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank">「借りぐらしのアリエッティ」 商品詳細を見る</a><br /><br />
208

火垂るの墓

自らの体験をもとに書いた、野坂昭如の同名小説をアニメ映画化。戦争によって両親を失った幼い兄妹がたどる過酷な運命を描く。脚本・監督高畑勲プロデューサー原徹企画・製作佐藤亮一原作野坂昭如 「火垂るの墓」作画監督近藤喜文出演 (声)清太/辰己努節子/白石綾乃母/志乃原良子未亡人/山口朱美ストーリー昭和20年の神戸。急な空襲で母が入院した、14歳の清太と4歳の節子兄妹は叔母のもとを頼りに訪れる。だがふたりの母が亡... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BTCN6Y/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51AEK8RCV4L.jpg" alt="火垂るの墓" style="border:none;" /></a><br /><br /><strong>自らの体験をもとに書いた、野坂昭如の同名小説をアニメ映画化。<br />戦争によって両親を失った幼い兄妹がたどる過酷な運命を描く。</strong><br /><br /><strong>脚本・監督</strong><br />高畑勲<br /><br /><strong>プロデューサー</strong><br />原徹<br /><br /><strong>企画・製作</strong><br />佐藤亮一<br /><br /><strong>原作</strong><br />野坂昭如 「火垂るの墓」<br /><br /><strong>作画監督</strong><br />近藤喜文<br /><br /><strong>出演 (声)</strong><br />清太/辰己努<br />節子/白石綾乃<br />母/志乃原良子<br />未亡人/山口朱美<br /><br /><strong>ストーリー</strong><br />昭和20年の神戸。<br />急な空襲で母が入院した、14歳の清太と4歳の節子兄妹は叔母のもとを頼りに訪れる。<br />だがふたりの母が亡くなったのを機に叔母は彼らを邪険にしはじめ、清太は節子を連れて誰もいない防空壕へ。<br />ふたりだけの自炊生活をはじめるが・・・。<br /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BTCN6Y/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank">「火垂るの墓」 商品詳細を見る</a><br /><br /><br />
206

猫の恩返し

不透明な将来、おもしろくない現実をちょっとだけリセットしてみたい?現実逃避もいいけれど、もっと「自分の時間」を生きてみては?監督森田宏幸 製作松下武義氏家齋一郎星野康二宮川智雄相原宏徳石田敏彦 製作プロデューサー鈴木敏夫高橋望制作プロデューサー田中千義 企画宮崎駿原作柊あおい「バロン-猫の男爵」(徳間書店刊)より脚本吉田玲子作画監督井上鋭出演 (声)ハル/池脇千鶴バロン/袴田吉彦ユキ/前田亜季ルーン/山... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008WI78/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20120930214509dfb.jpg" alt="猫の恩返し" border="0" width="450" height="628" /></a><br /><br /><strong>不透明な将来、おもしろくない現実をちょっとだけリセットしてみたい?<br />現実逃避もいいけれど、もっと「自分の時間」を生きてみては?</strong><br /><br /><strong>監督</strong><br />森田宏幸<br /> <br /><strong>製作</strong><br />松下武義<br />氏家齋一郎<br />星野康二<br />宮川智雄<br />相原宏徳<br />石田敏彦<br /> <br /><strong>製作プロデューサー</strong><br />鈴木敏夫<br />高橋望<br /><br /><strong>制作プロデューサー</strong><br />田中千義<br /> <br /><strong>企画</strong><br />宮崎駿<br /><br /><strong>原作</strong><br />柊あおい「バロン-猫の男爵」(徳間書店刊)より<br /><br /><strong>脚本</strong><br />吉田玲子<br /><br /><strong>作画監督</strong><br />井上鋭<br /><br /><strong>出演 (声)</strong><br />ハル/池脇千鶴<br />バロン/袴田吉彦<br />ユキ/前田亜季<br />ルーン/山田孝之<br />ひろみ/佐藤仁美<br />ナトリ(第一秘書)/佐戸井けん太<br />ナトル(第ニ秘書)/濱田マリ<br />ムタ/渡辺哲<br />トト/斎藤洋介<br />ハルの母/岡江久美子<br />猫王(みょうおう)/丹波哲郎<br /><br /><strong>ストーリー</strong><br />主人公ハルはどこにでもいる不器用な17歳の女子高生。<br />ひょんなことからトラックに轢かれそうになった猫を助けてしまったために“恩知らず”で有名な猫たちの“恩返し”として猫の国に招待されることになってしまいました。<br />「猫になっても、いいんじゃないッ」。<br />ハルのこのセリフは現代に生きる日本人が日常で感じている、つらい現実をちょっとだけリセットしたい気持ちを素直に表わしています。<br /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008WI78/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank">「猫の恩返し」 商品詳細を見る</a><br /><br />
    Return to Pagetop