PROFILE

ジェニー

Author:ジェニー

CATEGORIES
TAGS

映画 ドキュメンタリー 洋画 動物 アニメ TVシリーズ 心霊 邦画 オムニバス コメディ ホラー アクション 宇宙 BBC パニック サスペンス SF ファンタジー 都市伝説 ディザスター 恐竜 アドベンチャー 風景 事件 UFO  自然  音楽 ディズニー CG  旅行 ロビン・ウィリアムズ ドリームワークス 実話 劇場版 昆虫 エイリアン 絵本 陰謀 超常現象 地球 昔話 セクシー ラブストーリー 飛行機 ジェフ・ゴールドブラム サイコ コズミックフロント 時代劇  アート 刑事もの ピクサー ファミリー 宇宙人 ドラえもん 乗り物 地球外生命体  ミリタリー 名城 トム・ハンクス 世界名作劇場 人形劇 世界史 ミステリー 海外ドラマ ドラマ 深海 世界遺産 ディスカバリーチャンネル 生物 歴史 マイケル・J・フォックス UMA 童話  料理 ヒーロー 日本史 ホテル 旅客機 爬虫類 野沢雅子 海外 田中真弓  建物 サンドラ・ブロック タイムスリップ ヒュー・グラント スリラー 伊丹十三 クリスマス 大塚明夫 宮崎駿 シミュレーション 怪談 ジム・キャリー ペット 戦闘機 犯罪 絵画 科学捜査 ベン・スティラー 吉田理保子 ロバート・デ・ニーロ 武田鉄矢 ジョニー・デップ レオナルド・ダ・ヴィンチ ジェニファー・ロペス 未来 スティーヴン・スピルバーグ 海中 空撮 殺人鬼 ジュリア・ロバーツ ジブリ 地球ドラマチック スラッシャー映画 エディ・マーフィ ウーピー・ゴールドバーグ 災害 再現ドラマ タイムトラベル ウィル・スミス マヤ文明 バイク 手塚治虫 科学 パフォーマンス アン・ハサウェイ メグ・ライアン ダンス ピラミッド 研究 サイエンスチャンネル 潜水艦 電車 タイムマシン ペンギン 科学のフロンティアシリーズ 理化学研究所 空港 イルミネーション  マイケル・クラーク・ダンカン メリル・ストリープ ウサギ 人類滅亡 パロディ 哺乳類 西田敏行 ロボット  ジャッキー・チェン カナダ 海軍 ユアン・マクレガー モーガン・フリーマン 海底 スティーブン・スピルバーグ ラブコメ 特殊部隊 イルカ クワガタ 時代 リスザル   OVA オランダ映画 NHK宇宙チャンネル CQB 鉄道 カブトムシ 探検 空軍 ヘリコプター 戦車 軍艦 兵器 ノストラダムス 花火 予言 タカ 特撮 珊瑚礁 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ イタリア  ジャック・ニコルソン 地球伝説 フィンランド トミー・リー・ジョーンズ 惑星 ブルース・ウィリス スポーツカー 宜保愛子 植物 ヒストリーチャンネル クマ 戦国時代 ドリュー・バリモア 怪奇現象 三國連太郎 高畑勲 フランス SF ミュージカル フェイクドキュメンタリー 稲川淳二 モンスター 秘密結社 レッスン Queen バミューダ・トライアングル 野鳥 キアヌ・リーブス 事故 イギリス 実写版 ベリーダンス 海洋生物 スクリーン・マシーン 植木等 水戸黄門  TV トレッキング ロバート・ダウニーJr. 北野武 ニコラス・ケイジ サイエンス 軍隊 ロープウェイ 世良公則 スペシャル ダム 海兵隊 妖怪 プロペラ機 トム・クルーズ 装甲車 ブルドーザー ケビン・コスナー ダンプ トラック オーランド・ブルーム 戦闘艦 ブラッド・ピット 自然現象 オカルト 映画音楽 サクセスストーリー ジェット機 スコット・スピードマン ケーブルカー ナマケモノ エクトプラズム ドイツ イスラエル 藤子不二雄 ゴルフ アルマゲドン アトランティス ゴマフアザラシ ダイアナ グルメ 類人猿 アウストラロピテクス グリズリー ネズミ 太陽 クジラ ロシア 悪魔  殺人 マインドコントロール 戦争 サバイバル 紅葉 フィットネス エクササイズ ミイラ ティム・バートン 砂漠 両生類 ハムスター 名所 ケイト・ハドソン サメ  ブラックベア ホッキョクグマ ツングースカ爆発 宗教 ヴァチカン 反物質 水爆 核戦争 ハロウィン ウイルス ロズウェル事件 コント 人類 OV ホーキング博士 古代ローマ fMRI ザ・ドリフターズ 絶滅 古代エジプト レオナルド・ダ・ヴィンチ 偉人 マンモス ネアンデルタール人 サーベルタイガー ニュージーランド マシンガン アメリカ クロマニョン人 釣りバカ日誌 滅亡 世界滅亡 キリスト 衛星 ミラ・ジョヴォヴィッチ TVドラマ 自衛隊 ポールダンス スピンオフ 予知能力 イングリッシュアンゴラ アンゴラ カワウソ コツメカワウソ ゾンビ スーパーカー ランボルギーニ カリフォルニアアシカ アシカ フタユビナマケモノ イオンビーム 富士山 竜巻 ブタ クロエ・グレース・モレッツ ミニブタ クロウサギ ペルシュロン 新幹線 特急 スポーツ ファミリー映画 SL ルパン三世 TVスペシャル サッカー アルゼンチン 地震 コモンリスザル ミニホース アイドル ヤギ ミナミアメリカオットセイ オットセイ ミステリー・サークル フクロモモンガ 人魚 ポルターガイスト 海水魚 夜景 海草 熱帯魚 海藻 淡水魚 レーシングカー なぞなぞ  超能力 運動 体操 モータースポーツ 健康 星座 プラネタリウム 名作童話 サイバー攻撃 水族館 特殊能力 サル アルパカ オオタカ 地中海   悪魔払い ロマンティック パワースポット 伝記ドラマ ビッグフット 動物園 ワニ 

SEARCH
1258

破裏拳ポリマー (全26話)

「科学忍者隊ガッチャマン」「人造人間キャシャーン」に連なるタツノコプロのアクションSF活劇アニメ!原作吉田竜夫、タツノコプロ企画室企画鳥海尽三、酒井あきよしプロデューサー宮崎慎一(NET)、佐藤光雄(竜の子プロ)、衛藤公彦(萬年社)アシスタントプロデューサー鎌田正治脚本酒井あきよし、陶山智、山本優、永田俊夫、久保田圭司、田口章一ほか演出案納正美、高橋資祐、西牧秀雄ほかキャラクターデザイン吉田竜夫、天野嘉孝メカ... <a href="https://www.amazon.co.jp/dp/B074MBYH4H/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_kDGVzb8ZF24NY" target="_blank" title="破裏拳ポリマー"><img src="https://blog-imgs-108-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20170917142816b39.jpg" alt="破裏拳ポリマー" border="0" width="500" height="635" /></a><br /><br /><strong>「科学忍者隊ガッチャマン」「人造人間キャシャーン」に連なるタツノコプロのアクションSF活劇アニメ!</strong><br /><br /><strong>原作</strong><br />吉田竜夫、タツノコプロ企画室<br /><br /><strong>企画</strong><br />鳥海尽三、酒井あきよし<br /><br /><strong>プロデューサー</strong><br />宮崎慎一(NET)、佐藤光雄(竜の子プロ)、衛藤公彦(萬年社)<br /><br /><strong>アシスタントプロデューサー</strong><br />鎌田正治<br /><br /><strong>脚本</strong><br />酒井あきよし、陶山智、山本優、永田俊夫、久保田圭司、田口章一ほか<br /><br /><strong>演出</strong><br />案納正美、高橋資祐、西牧秀雄ほか<br /><br /><strong>キャラクターデザイン</strong><br />吉田竜夫、天野嘉孝<br /><br /><strong>メカニックデザイン</strong><br />中村光毅、大河原邦男<br /><br /><strong>総作画監督</strong><br />二宮常雄<br /><br /><strong>美術監督</strong><br />中村光毅<br /><br /><strong>音楽</strong><br />菊池俊輔<br /><br /><strong>総監督</strong><br />鳥海永行<br /><br /><strong>制作</strong><br />NET、タツノコプロ、萬年社<br /><br /><strong>キャスト(声)</strong><br />鎧武士/曽我部和行<br />車錠/青野武<br />南波テル/落合美穂<br />鬼河原虎五郎/雨森雅司<br />男爵/立壁和也<br /><br /><strong>ストーリー</strong><br />アメホン国ワシンキョウ市に事務所を構える、三流探偵・車錠(くるまじょう)。<br />その新米助手である鎧武士は普段は冴えない青年だが、変身機能が搭載されたヘルメット「ポリメット」を使って超人ポリマーに転身。<br />自らが編み出した拳法「破裏拳流」を振るい、街の平和を脅かす悪党たちを打ちのめす。<br /><br /><strong>(全26話)</strong><br />第01話 怪盗むささび党<br />第02話 暗殺鬼紅さそり<br />第03話 メカギャング むかで作戦<br />第04話 とぐろ魔王ガラガラ蛇<br />第05話 糸ぐる魔人土ぐも<br />第06話 メカ変化もぐら盗賊団<br />第07話 わんわんカムキラー<br />第08話 溶解マシン ウツボーラ<br />第09話 猫魔団 闇に踊る<br />第10話 電魔団クラゲラー<br />第11話 メカ獣団ホワイトウルフ<br />第12話 鳥人トリメカマン<br />第13話 幻影おぼろ蝶<br />第14話 ちゅうちゅう大作戦<br />第15話 稲妻怪人ピカデール<br />第16話 獣魚海賊ピーラカンス<br />第17話 ポリマー誕生の秘密<br />第18話 マイナス50度の危機<br />第19話 えん魔怪人ベロダッセ<br />第20話 怪盗てっぽう魚人<br />第21話 コンコン七変化<br />第22話 復讐鬼ケラカブト<br />第23話 海底魔人ウオトンビ<br />第24話 怪傑タコ仮面<br />第25話 海亀将軍ベッコーダー<br />第26話 ポリマー最後の決戦<br /><br /><br />(C)タツノコプロ<br /><br /><br />
1011

タイガーマスク

1967年にコミック連載がスタートし、その後テレビアニメ化のみならず、実在のレスラーとしても活躍、およそ半世紀にわたり絶大不動の人気を誇る、誰もが知っている不滅のキャラクター“タイガーマスク"虎のマスクで素顔を隠したファイターが、愛する者を守るためマットで死闘を繰り広げる――。このシンプルで力強いストーリーはそのままに、現代のヒーローとしての姿や、潜在能力を高めるマスク、ゴールド・ホワイト・ブラックの3人... <img src="https://blog-imgs-79-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20150812224050502.jpg" alt="タイガーマスク" border="0" width="500" height="710" /><br /><br /><strong>1967年にコミック連載がスタートし、その後テレビアニメ化のみならず、実在のレスラーとしても活躍、およそ半世紀にわたり絶大不動の人気を誇る、誰もが知っている不滅のキャラクター“タイガーマスク"<br />虎のマスクで素顔を隠したファイターが、愛する者を守るためマットで死闘を繰り広げる――。<br />このシンプルで力強いストーリーはそのままに、現代のヒーローとしての姿や、潜在能力を高めるマスク、ゴールド・ホワイト・ブラックの3人のタイガーマスクなど新たな設定も加わり、並みいる強敵たちと過酷なバトルを展開する、新時代の“タイガーマスク"が誕生した!</strong><br /><br /><strong>原作</strong><br />梶原一騎・辻なおき「タイガーマスク」(講談社漫画文庫所載)<br /><br /><strong>監督</strong><br />落合賢<br /><br /><strong>脚本</strong><br />伊藤秀裕、江良至、落合賢、マイケル・ウェルス・ショック<br /><br /><strong>音楽</strong><br />遠藤浩二<br /><br /><strong>出演</strong><br />ウエンツ瑛士<br />夏菜<br />哀川翔<br />良知真次<br />勝信<br />宮地真緒<br />遠藤久美子<br />辻よしなり<br />ビッグ村上<br />金山一彦<br />温水洋一<br />平野綾<br />釈由美子(特別出演)<br /><br /><strong>ストーリー</strong><br />児童養護施設ちびっこハウスで暮らす少年・伊達直人は、ミスターX(哀川翔)に天性の素質を見出され、最強の闘士となるべく虎の穴で特訓の日々を送ることになった。<br />そして10年、逞しい若者に成長した直人(ウエンツ瑛士)は、同期生のダン(良知真次)、ジョー(勝信)と共にタイガーマスクの候補に選ばれる。<br />タイガーマスクとは、人間の潜在能力を限界以上に引き上げる特殊なマスクを装着した最強の闘士。<br />その称号を手にした者は、多額のブラックマネーが飛び交う地下格闘界でのデビューが約束されていた。<br />しかし、自分以外は敵だという虎の穴の方針に疑問を感じはじめる直人。<br />そんな矢先、彼はちびっこハウスの幼なじみ若月ルリ子(夏菜)と再会を果たすのだった。<br /><br /><br />
1005

HK/変態仮面

愛子ちゃん、どうか俺の闘う姿を見ないで欲しい。―今度の正義は、パンティを被るだけで世にはびこる悪を倒す!「勇者ヨシヒコ」の福田雄一脚本・監督により、「週刊少年ジャンプ」伝説のコミックス『究極!!変態仮面』が、奇跡の映画化!登場すれば悪人に笑われ、助けた人には逃げられる…それでもパンティを被ることを止められない、絶対に賞賛されないヒーロー!それが変態仮面!小栗旬の「亮平以外には考えられない」という期待を... <a href="http://www.amazon.co.jp/dp/B00CF8HFNA/ref=cm_sw_r_tw_dp_iwDxvb0074MGD" target="_blank" title="HK/変態仮面"><img src="https://blog-imgs-73-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20150521215943bd7.jpg" alt="変態仮面" border="0" width="450" height="639" /></a><br /><br /><strong>愛子ちゃん、どうか俺の闘う姿を見ないで欲しい。<br />―今度の正義は、パンティを被るだけで世にはびこる悪を倒す!<br />「勇者ヨシヒコ」の福田雄一脚本・監督により、「週刊少年ジャンプ」伝説のコミックス『究極!!変態仮面』が、奇跡の映画化!<br />登場すれば悪人に笑われ、助けた人には逃げられる…<br />それでもパンティを被ることを止められない、絶対に賞賛されないヒーロー!それが変態仮面!<br />小栗旬の「亮平以外には考えられない」という期待を受け、奇跡の変態仮面具現化に成功した主演の鈴木亮平ほか、福田監督のテイストが存分に発揮される万全のキャストが集結!</strong><br /><br /><strong>脚本・監督</strong><br />福田雄一<br /><br /><strong>原作</strong><br />あんど慶周「HENTAI KAMEN」(集英社文庫コミック版刊)<br /><br /><strong>音楽</strong><br />瀬川英史<br /><br /><strong>製作</strong><br />間宮登良松、百武弘二、宮路敬久<br /><br /><strong>企画</strong><br />日達長夫<br /><br /><strong>エグゼクティブプロデューサー</strong><br />加藤和夫、村上比呂夫、鈴木仁行<br /><br /><strong>プロデューサー</strong><br />川﨑岳、小林智浩<br /><br /><strong>脚本協力</strong><br />小栗旬<br /><br /><strong>制作プロダクション</strong><br />レスパスビジョン株式会社<br /><br /><strong>製作委員会</strong><br />東映ビデオ、ショウゲート、日本出版販売、レスパスビジョン<br /><br /><strong>出演</strong><br />鈴木亮平<br />清水富美加<br />ムロツヨシ<br />安田顕<br />佐藤二朗<br />池田成志<br />塚本高史<br />岡田義徳<br />大東駿介<br />片瀬那奈<br /><br /><strong>内容</strong><br />ドMの刑事とドSの女王様の間に生まれた、正義感の強い紅優高校拳法部員の色丞狂介(しきじょうきょうすけ)。<br />転校生の姫野愛子に恋をした狂介。<br />ある日、銀行強盗の人質になった愛子ちゃんを救うために現場に潜入し変装をしようとするが、マスクと間違えて女性用パンティを被ってしまう。<br />その瞬間、経験した事のないエクスタシーを感じた狂介の中で、眠っていた両親から引き継いだ血が目覚め、潜在能力が100%覚醒した“変態仮面"に変身する。<br />超人的な力で悪を倒す。<br /><br /><br />
836

キック・アス

特殊能力ゼロのなりきりヒーローの活躍を描いた等身大スーパーヒーロームービー。スーパーヒーローに憧れるデイヴは、自前のスーツとマスク姿でヒーローとして行動を開始するが…。監督マシュー・ヴォーン製作マシュー・ヴォーンブラッド・ピットクリス・サイキエルアダム・ボーリングタルキン・パックデヴィッド・リード製作総指揮ピエール・ラグランジェスティーヴン・マークスマーク・ミラージョン・S・ロミタ・Jrジェレミー... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00FRHAOF2/jennyroom-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/514rQn47zhL.jpg" alt="キック・アス" style="border:none;" /></a><br /><br />特殊能力ゼロのなりきりヒーローの活躍を描いた等身大スーパーヒーロームービー。<br />スーパーヒーローに憧れるデイヴは、自前のスーツとマスク姿でヒーローとして行動を開始するが…。<br /><br /><strong>監督</strong><br />マシュー・ヴォーン<br /><br /><strong>製作</strong><br />マシュー・ヴォーン<br />ブラッド・ピット<br />クリス・サイキエル<br />アダム・ボーリング<br />タルキン・パック<br />デヴィッド・リード<br /><br /><strong>製作総指揮</strong><br />ピエール・ラグランジェ<br />スティーヴン・マークス<br />マーク・ミラー<br />ジョン・S・ロミタ・Jr<br />ジェレミー・クライナー<br /><br /><strong>原作</strong><br />マーク・ミラー<br />ジョン・S・ロミタ・Jr<br /><br /><strong>脚本</strong><br />ジェーン・ゴールドマン<br />マシュー・ヴォーン<br /><br /><strong>撮影</strong><br />ベン・デイヴィス<br /><br /><strong>出演</strong><br />アーロン・ジョンソン<br />クロエ・グレース・モレッツ<br />クリストファー・ミンツ=プラッセ<br />マーク・ストロング<br />ニコラス・ケイジ<br /><br /><strong>ストーリー</strong><br />NYに住むデイブ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパーヒーローに憧れる平凡な高校生。<br />ある日、インターネットで買った自前のスーツとマスクで、自分もヒーローとして勝手に街で活動を開始。<br />何の特殊能力も持たない彼は、初出動のときにあっさり犯罪者にやられるが、その捨て身の活動がネットで話題になり“キック・アス"の名で一躍有名に。<br />やがて高度な訓練を受けた美少女ヒーロー“ヒット・ガール"(クロエ・グレース・モレッツ)とその父“ビッグ・ダディ"(ニコラス・ケイジ)の力を借りて、犯罪組織に立ち向かう! <br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00FRHAOF2/jennyroom-22/ref=nosim/" target="_blank">「キック・アス」 商品詳細を見る</a><br /><br /><br />
718

人造人間キカイダー

機械でありながら、より人間らしくあろうと戦った人造人間の物語――。石ノ森章太郎原作、変身ブーム真っ只中の1972年7月―1973年5月にNET(現・テレビ朝日)系にて放送された「人造人間キカイダー」。“正義と悪の狭間で苦悩する人造人間"というテーマのもとに制作された本シリーズは、ギターを弾きながら登場する人造人間ジローや、不完全な良心回路を表現した左右非対称のキカイダー・デザイン、シリーズ後半に登場する悪のヒーロー・... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00I5HHF1M/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51suZqq2O9L.jpg" alt="人造人間キカイダー" style="border:none;" /></a><br /><br /><strong>機械でありながら、より人間らしくあろうと戦った人造人間の物語――。</strong><br /><br />石ノ森章太郎原作、変身ブーム真っ只中の1972年7月―1973年5月にNET(現・テレビ朝日)系にて放送された「人造人間キカイダー」。<br />“正義と悪の狭間で苦悩する人造人間"というテーマのもとに制作された本シリーズは、ギターを弾きながら登場する人造人間ジローや、不完全な良心回路を表現した左右非対称のキカイダー・デザイン、シリーズ後半に登場する悪のヒーロー・ハカイダーなど、様々な話題を振りまき大ヒット。<br />当時絶大な人気を博していた「仮面ライダー」に続く、石ノ森ヒーローの代表作品となった。<br /><br /><strong>原作</strong><br />石ノ森章太郎<br /><br /><strong>脚本</strong><br />伊上勝、長坂秀佳、押川国秋、島津昇弌、渡辺亮徳、島田真之、春日憲政、多村映美<br /><br /><strong>監督</strong><br />北村秀敏、畠山豊彦、永野靖忠<br /><br /><strong>音楽</strong><br />渡辺宙明<br /><br /><strong>出演</strong><br />ジロー:伴大介<br />光明寺ミツ子:水の江じゅん<br />光明寺マサル:神谷政浩<br />服部半平:植田峻<br />光明寺博士:伊豆肇<br />プロフェッサー・ギル:安藤三男<br />サブロー:真山譲次<br />ハカイダーの声:飯塚昭三<br /><br /><strong>ストーリー</strong><br />ロボット工学の権威である光明寺博士は、プロフェッサー ギル率いる悪の秘密結社「ダーク」に軟禁され、娘のミツ子とともに戦闘用アンドロイドの研究を強いられていた。<br />光明寺博士はダークに対抗する手段として、善悪が判断できる「良心回路」を取り付けた人造人間ジローを密かに造っていたのだった。<br />しかし、良心回路は不完全なまま、その研究はギルに知れ、研究室は襲撃を受ける。<br />炎上する研究室から光明寺博士はジローにミツ子を託し消息を断つ。<br />一方、ジローはギルの悪魔の笛に抵抗し、苦しみながらもキカイダーに変身、ダークのアンドロイドに挑むのだった。<br /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00I5HHF1M/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank">「人造人間キカイダー」 商品詳細を見る</a><br /><br /><br /><br />
412

仮面ライダーX

セタップ! うなりを上げるライドルが悪を撃つ!「仮面ライダー」「仮面ライダーV3」に続いて1974年に放映された、石ノ森章太郎原作のTVシリーズ。GOD秘密機関に狙われた父から改造手術を受けた神敬介(速見亮)が、深海作業改造人間(カイゾーグ)・仮面ライダーXとなって敵怪人と死闘を繰り広げる。監督折田至内田一作田口勝彦山田稔企画平山亨阿部征司原作石森章太郎脚本鈴木生朗長坂秀佳伊上勝村山庄三撮影川崎龍治(プロダクショ... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009C9EVKK/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61RTB9xG2eL.jpg" alt="仮面ライダーX" style="border:none;" /></a><br /><br /><strong>セタップ! うなりを上げるライドルが悪を撃つ!<br /><br />「仮面ライダー」「仮面ライダーV3」に続いて1974年に放映された、石ノ森章太郎原作のTVシリーズ。<br />GOD秘密機関に狙われた父から改造手術を受けた神敬介(速見亮)が、<br />深海作業改造人間(カイゾーグ)・仮面ライダーXとなって敵怪人と死闘を繰り広げる。</strong><br /><br /><strong>監督</strong><br />折田至<br />内田一作<br />田口勝彦<br />山田稔<br /><br /><strong>企画</strong><br />平山亨<br />阿部征司<br /><br /><strong>原作</strong><br />石森章太郎<br /><br /><strong>脚本</strong><br />鈴木生朗<br />長坂秀佳<br />伊上勝<br />村山庄三<br /><br /><strong>撮影</strong><br />川崎龍治(プロダクションショット)<br /><br /><strong>美術</strong><br />島田定信(エキスプロダクション)<br /><br /><strong>編集</strong><br />菅野順吉<br /><br /><strong>音楽</strong><br />菊池俊輔<br /><br /><strong>アクション</strong><br />大野剣友会<br /> <br /><strong>技斗</strong><br />高橋一俊<br /><br /><strong>助監督</strong><br />福島孔道<br /><br /><strong>ナレーター</strong><br />中江真司<br /><br /><strong>出演</strong><br />速水亮<br />美山尚子<br />小林昭二<br />打田康比古<br />田崎潤<br />伊藤久哉<br />滝波錦司<br />高安真弓<br />小坂チサ子<br /><strong>(声の出演)</strong><br />阪脩<br />西崎章治<br />和田文雄<br /><br /><strong>内容</strong><br />本作では怪人のモチーフにギリシャ神話を取り入れた。<br />その中でも幹部クラスは人気が高く、アポロガイストは『仮面ライダーディケイド』に、キングダークもその劇場版に登場している。<br />また、それまでのシリーズでお馴染みの佐々木剛と宮内洋もゲスト出演している。<br /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009C9EVKK/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank">「仮面ライダーX」 商品詳細を見る</a><br /><br /><br />
    Return to Pagetop