PROFILE

ジェニー

Author:ジェニー

CATEGORIES
TAGS

映画 ドキュメンタリー 洋画 動物 アニメ TVシリーズ 心霊 コメディ 邦画 オムニバス 宇宙 ホラー アクション BBC サスペンス パニック SF ファンタジー 恐竜 都市伝説 ディザスター アドベンチャー 風景 事件 UFO 地球   ディズニー 自然 音楽  CG ディスカバリーチャンネル ドリームワークス 旅行 ロビン・ウィリアムズ 劇場版 昆虫 地球外生命体 宇宙人 実話 時代劇 エイリアン 超常現象 陰謀 昔話 コズミックフロント ラブストーリー 絵本 セクシー  科学 ジェフ・ゴールドブラム サイコ 飛行機 野沢雅子 アート ドラえもん 藤子・F・不二雄 刑事もの ミリタリー ファミリー ピクサー 乗り物 名城 ミステリー  地球ドラマチック 研究 科学のフロンティアシリーズ 生物 理化学研究所 サイエンスチャンネル 人形劇 トム・ハンクス ドラマ 世界史 海外ドラマ 世界名作劇場 世界遺産 深海 ヒストリーチャンネル 惑星 殺人鬼  海外 ホテル 歴史 童話 シミュレーション UMA サンドラ・ブロック 田中真弓 料理 ヒュー・グラント 旅客機 タイムスリップ 日本史 建物  爬虫類 マイケル・J・フォックス ヒーロー モーガン・フリーマン スクリーン・マシーン 絵画 スリラー 再現ドラマ ペット 科学捜査 戦闘機 スティーヴン・スピルバーグ 犯罪 ベン・スティラー 怪談 クリスマス ジム・キャリー 宮崎駿 ロバート・デ・ニーロ 吉田理保子 コント 大塚明夫 ウィル・スミス ジョニー・デップ 武田鉄矢 伊丹十三 レオナルド・ダ・ヴィンチ 地球伝説 バイク イタリア  西田敏行 カナダ エディ・マーフィ ウーピー・ゴールドバーグ ジェニファー・ロペス 災害 ジブリ 手塚治虫 未来 ペンギン ジュリア・ロバーツ 海中 人類滅亡 マヤ文明 空撮 ロボット ピラミッド スラッシャー映画 水戸黄門 タイムトラベル 予言 ノストラダムス ユアン・マクレガー 特殊部隊 ウサギ タイムマシン 海底 イルミネーション スティーブン・スピルバーグ パフォーマンス 三國連太郎 ダンス 電車 兵器 アン・ハサウェイ メリル・ストリープ 藤子不二雄Ⓐ 忍者 マイケル・クラーク・ダンカン メグ・ライアン  ジャッキー・チェン 海軍 殺人 潜水艦 戦車 細胞 ザ・ドリフターズ 空港 OVA パロディ ラブコメ 哺乳類  フェイクドキュメンタリー 人体 Queen 事故 植木等 オランダ映画 高畑勲 アメリカ 古代エジプト NHKスペシャル 宗教 イギリス NHK宇宙チャンネル モンスター 鉄道 野鳥  ドリュー・バリモア バラエティ イルカ 綾小路きみまろ 怪奇現象 お笑い 戦国時代 ミステリー・サークル つのだじろう ジャック・ニコルソン ホーキング博士 ブラックホール トミー・リー・ジョーンズ 生命 特撮 スポーツ スポーツカー 釣りバカ日誌 ネアンデルタール人 SF サンドウィッチマン リスザル 戦争 秘密結社 太陽 海洋生物 宜保愛子 稲川淳二 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ フランス ヘリコプター 植物 カブトムシ クワガタ 空軍 時代 探検  キアヌ・リーブス フィンランド 連続殺人 クマ ベリーダンス 珊瑚礁 CQB  ミュージカル レッスン シリアルキラー 実写版 妖怪 タカ  バミューダ・トライアングル 花火 ブルース・ウィリス 軍艦 ゴルフ ジェームズ・キャメロン モーゼ 十戒 古代 出エジプト記 サイエンス 両生類 海兵隊 イスラエル ドイツ スペシャル 反物質 ジェット機 オカルト 装甲車 砂漠 プロペラ機 ツングースカ爆発 ヴァチカン 人類 北野武 OV イオンビーム 古代ローマ fMRI ロズウェル事件 サクセスストーリー エクトプラズム 絶滅 隕石 死後の世界 ロバート・ダウニーJr. 世良公則 原爆 アトランティス 核兵器 ケビン・コスナー 釣り アルマゲドン バイオリソース 知覚 ゼロ・アワー ガリレオX 悪魔 遺伝子 ニコラス・ケイジ シュメール人 トラ クリスタル・スカル ナスカの地上絵 戦闘車両 防衛装備 ライオン 宇宙飛行士 クローン DNA 皇帝ペンギン コア 地底 ハリネズミ ELID研削法 トム・クルーズ 異星人 進化 神経 水爆 スコット・スピードマン SSRI プロザック 火星 オーランド・ブルーム ハムスター  脳内薬品 ブラッド・ピット ゴマフアザラシ 水中都市 魔女っ子シリーズ 未来都市 洗脳 客船 放射能 柔道 物質 蛍光タンパク質  コズミック フロント 心霊写真 古代文明 ワニ ニュージーランド カンガルー 動物園 ビッグフット  サーベルタイガー マシンガン ホッキョクグマ 悪魔払い ロマンティック  パワースポット ブラックベア 伝記ドラマ 地中海 水族館 サル 特殊能力 自衛隊 ダイアナ アルパカ オオタカ TVドラマ 名作童話 偉人 サイバー攻撃 マンモス クロマニョン人 グルメ プラネタリウム 星座  超能力 なぞなぞ 運動 健康 体操 スピンオフ ポールダンス ロシア クジラ マインドコントロール 紅葉 フィットネス エクササイズ ネズミ 類人猿 夜景 ミイラ 海草 海藻 熱帯魚 グリズリー アウストラロピテクス 人魚 レーシングカー モータースポーツ 淡水魚 海水魚 ポルターガイスト フクロモモンガ 富士山 SL レオナルド・ダ・ヴィンチ TVスペシャル ルパン三世 サバイバル 核戦争 ファミリー映画 新幹線 オットセイ キリスト ミナミアメリカオットセイ アルゼンチン 特急 サッカー ハロウィン ウイルス 自然現象 名所 映画音楽 戦闘艦 トラック ブルドーザー ケーブルカー ロープウェイ ダム 軍隊  ケイト・ハドソン トレッキング 世界滅亡 ヤギ アシカ クロエ・グレース・モレッツ カリフォルニアアシカ アンゴラ ティム・バートン イングリッシュアンゴラ ミニブタ ブタ ナマケモノ ミラ・ジョヴォヴィッチ フタユビナマケモノ 竜巻 衛星 予知能力 サメ ミニホース ペルシュロン コモンリスザル 滅亡 アイドル 地震 クロウサギ  コツメカワウソ カワウソ ランボルギーニ スーパーカー ゾンビ ダンプ 

SEARCH
1188

ノストラダムス・エフェクト ~予言と黙示録~ Season1

数千年もの間、人々はそれぞれの文化独自の世紀末予言を生み出してきた。ノストラダムス・エフェクト ~予言と黙示録~ は現代の世界情勢を考えながら、最も恐ろしく悲惨な予言を紹介する。様々な分野の専門家がノストラダムス、聖書、神話、象形文字、そして古文書が伝える予言を分析、現代起こっている出来事との驚くべき合致点を解明。科学を通し、これらの予言と未来の出来事との関係を検証、また、毎回紹介する予言と似たもの... <a href="https://www.amazon.co.jp/dp/B002VH7P5I/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_lTGKybYB0EZ6E" target="_blank" title="ノストラダムス・エフェクト ~予言と黙示録~ Season1"><img src="https://blog-imgs-98-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20170202013543301.jpg" alt="ノストラダムス・エフェクト ~予言と黙示録~ Season1" border="0" width="500" height="706" /></a><br /><br /><strong>数千年もの間、人々はそれぞれの文化独自の世紀末予言を生み出してきた。<br />ノストラダムス・エフェクト ~予言と黙示録~ は現代の世界情勢を考えながら、最も恐ろしく悲惨な予言を紹介する。<br />様々な分野の専門家がノストラダムス、聖書、神話、象形文字、そして古文書が伝える予言を分析、現代起こっている出来事との驚くべき合致点を解明。<br />科学を通し、これらの予言と未来の出来事との関係を検証、また、毎回紹介する予言と似たものを世界の違う文化より紹介する。</strong><br /><br /><strong>監督</strong><br />Luke Ellis<br />Richard Monahan<br /><br /><strong>脚本</strong><br />Beata Ziel<br />Jethro Nededog<br />Michael Ray Brown<br />Sean Dash<br /><br /><strong>出演</strong><br />Claudia Llamas Rankel<br />James Casey<br />Farshad Farahat<br />Chris Smith<br />Marko Manojlovic<br /><br /><strong>内容</strong><br /><strong>■エピソード1「2012年の世界滅亡説」</strong><br />南アメリカの古代文明は、2012年12月21日に世界は滅びると予測したのだろうか。<br />マヤ文明には2012年に突如終わるロング・カウント(長期歴)と呼ばれるカレンダーが存在する。<br />冬至でもあるこの日は、2万6千年ごとに起こる非常にまれな銀河直列が起こる日でもある。<br />マヤの人々はカレンダーが終わると何が起こると考えていたのか。<br />また、2012年を世界の終わりと信じるマヤ以外の文明や違う時代の文化もあるのだろうか。<br /><br /><strong>■エピソード2「7つの封印」</strong><br />黙示録は聖書の中で最も恐ろしく、多くの論争を招く文書である。<br />2000年近く前に追放された予言者によって書かれ、その最終章では、人類は7年もの間苦しみと破壊を経て滅びるという。<br />イエスは7つの封印を破り3つの災害が起こる。<br />自然と人間によるもの、空からのもの、そして地中からのもの。<br />反キリストが目覚め、疫病、飢餓、戦争、自然災害が人類を苦しめ、最後にはイエスが復活し善と悪の戦いに挑む。<br />しかし反キリストは誰なのか、神の怒りを生き延びるのは? そしてこの黙示はいつ起こるのだろうか?<br /><br /><strong>■エピソード3「ダ・ヴィンチの予言」</strong><br />人類史上最も優れた哲学者、芸術家、そしてエンジニアであったレオナルド・ダ・ヴィンチは予言者でもあったのだろうか。<br />そして自らの世界の破滅の予言に死ぬまで苦しめられたのだろうか。<br />ダヴィンチの絵画に隠された手がかり、予言を秘めた謎、そして自身の行き方から、彼もノストラダムスに影響され人類の悪行に対して天罰が下ると信じていたのである。<br /><br /><strong>■エピソード4「キリスト教終末論」</strong><br />世界中から何百万もの人が消えた時、ラプチャーと呼ばれる聖書の予言が実現し残されたものに多くの恐怖が訪れる。<br />予言者パウロは、キリスト教信者がメシアと共に天に引き上げられる時が来ると予言。<br />これは悪に対し神罰が下る前に起こる。<br />ネイティブ・アメリカンのホピ族も同じように、善悪の最終決戦前に忠実な信者たちは地球から安全な場所へ引き上げられると信じていた。<br /><br /><strong>■エピソード5「古代エジプトの地球滅亡説」</strong><br />なぜエジプト人達は、3000年に一度地球に接近する彗星が、2012年に恐ろしい災いをもたらすと考えたのだろうか。<br />2001年9月が世紀末の始まりだと予言するピラミッドに隠された石とは?<br />このようなエジプトの予言や知識を新世界に紹介していったフリーメイソンの役割とは。<br />我々は破滅の道を進むしかないのか?!<br />それとも古代から伝わる警告から運命を変えられるのか?<br /><br /><strong>■エピソード6「ヒトラーの呪い」</strong><br />歴史上最も悪名高い狂人、アドルフ・ヒトラーは殺人者、人種差別主義者、独裁者、そして何百万もの人を惑わした。<br />この悪の天才は予言者でもあったのだろうか。<br />そして自分のねじれた考えや非道な行為は自分がいなくなった後も世界を征服すると考えていたのだろうか。<br />ヒトラーの台頭はノストラダムスやエリック・ヤン・ハヌッセンらの予言に後押しされたものだった。<br /><br /><strong>■エピソード7「死海文書の予言」</strong><br />1947年、死海近くの砂漠の洞窟で古代の巻物が発見された。<br />その巻物の一つは、世の終わりを招く戦争を事細かに予言している。<br />近年の出来事はこの 「戦いの書」 の予言通りに起こっているのだろうか。<br />死を恐れた植民者達はヘブライ語聖書と共にこの 「戦いの書」 を隠したが、その後彼らは姿を消し、死の予言だけが残ったのだった。<br /><br /><strong>■エピソード8「ニュートンの終末予測」</strong><br />アイザック・ニュートンは史上最も偉大な天才のひとりであるが、彼が黙示録の日付を予測したのを知っている人はほとんどいない。<br />ニュートンは万有引力の法則や、微積分法などを発見したことで有名だが、彼はまた非常に暗くて神秘的な一面を持っていた。<br />最近になって入手可能になった何千枚にも及ぶ私的文書が、秘かに彼が錬金術と聖書の予言に取り付かれていたことを明らかにする。<br /><br /><strong>■エピソード9「第三の反キリスト主義者」</strong><br />歴史上最も有能な予言者ノストラダムスは、3人の反キリスト者の出現が人類を苦しめると予測した。<br />反キリスト者たちの実態は?<br />我々はノストラダムスの予言を事前に読み解くことで、災難を回避できるのか。<br />ノストラダムスの著書では、最初の反キリスト者がフランス皇帝のナポレオン・ボナパルトで、第二の反キリスト者がアドルフ・ヒトラーであると示唆されているが…?<br /><br /><strong>■エピソード10「サタン軍」</strong><br />キリストの誕生から100年も経たないうちに、使徒ヨハネは神に対抗する悪魔の最後の戦いへの恐ろしいビジョンを与えられた。<br />そこには、人類の歴史の終わりを意味する死と破滅の様子が描かれている。<br />象徴的意味合いを多く含んでいるこの予言には、7つの頭を持つ怪物に乗った女性の姿と、支配、戦争、飢饉、そして死をもたらす4人の騎手を解放する子羊が登場する。<br /><br /><strong>■エピソード11「ノストラダムスの息子」</strong><br />1994年、バチカン図書館に隠されていた秘密文書により、高名な予言者ミシェル・ノストラダムスの黙示録的予言が明かされた。<br />この文書はどこから来たのか、またその著者は誰なのか?<br />これらの問いに答えることで、そこに描写された恐ろしい内容が、人類の乱暴な結末を意味するのかについて証明することができるかもしれない。<br /><br /><strong>■エピソード12「ファティマ 第三の秘密」</strong><br />1917年、ポルトガルのファティマという町に住む3人の幼い羊飼いの子供たちが、神の予言を受けたと言いはじめた…。<br />子供たちは聖母マリアの訪問を受けたと報告した。<br />耳を疑うような、3つの死と破滅のお告げを啓示されたが、子供たちは詳細を明かすことを禁じられる。<br />彼らのうち2人は、啓示を受けた3年以内に死亡。<br />3人目のルシアは3つの秘密をバチカンと共有する。<br /><br /><br />原題:THE NOSTRADAMUS EFFECT SEASON ONE<br />© 2016 A&E Television Networks. All rights reserved.<br /><br /><br /><br />
960

マヤ文明の黙示録

インターネット上の無数のウェブサイトをにぎわす「2012年人類滅亡論」。この現象について、映像の制作者であるポール・マートンがアメリカ全土で調査を行い、差し迫るこの世の終わりに関する様々な予言を取り上げる。内容食料の備蓄、自分の身の守り方、世界の最後を見届けるためのシェルターの建築方法などを学ぶ"サバイバル・コミュニティ"がどのようにして始まったのかを検証。マートンはマヤ人のルーツを探るため、中米にある... <img src="https://blog-imgs-73-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20150304025000d2c.jpg" alt="マヤ文明の黙示録" border="0" width="500" height="321" /><br /><br /><strong>インターネット上の無数のウェブサイトをにぎわす「2012年人類滅亡論」。<br />この現象について、映像の制作者であるポール・マートンがアメリカ全土で調査を行い、差し迫るこの世の終わりに関する様々な予言を取り上げる。</strong><br /><br /><strong>内容</strong><br />食料の備蓄、自分の身の守り方、世界の最後を見届けるためのシェルターの建築方法などを学ぶ"サバイバル・コミュニティ"がどのようにして始まったのかを検証。<br />マートンはマヤ人のルーツを探るため、中米にある古代マヤ文明の巨大都市遺跡「エル・ミラドール」を訪れる。<br />この文明が築かれた場所や、なぜ21世紀の2012年12月21日に世界の終わりを迎えると彼らが信じたのか、その詳細を究明する。<br />「何千年も前に栄えたこの古代都市は広範囲にわたり栄華を極めた文明の中心にあったが、現在はジャングルに覆われている。<br />我々の文明も同じ運命をたどる可能性があると考えるべきではないのか」とマートンは警鐘を鳴らす。<br /><br />原題:The Mayan Apocalypse<br /><br /><br /><br />
60

2012年 人類滅亡説

マヤ人はキリスト教とスペインの中央アメリカ征服を予知していた。 800年以上前に書かれた記録によると、マヤ人は第一次世界大戦、ヒトラーの出現、2006年12月に東南アジアを襲った津波をも予言していた。 そして間もなく訪れる2012年12月には未曾有の自然災害によって地球が破壊され全人類が消滅すると予言している。 2012年12月21日が近づくにつれ、この予言は世界中の注目を集めている。2009年11月にはローランド・エメリッヒ監... <img src="https://blog-imgs-44-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/111224-2.jpg" alt="2012年 人類滅亡説" border="0" width="400" height="225" /><br /><br />マヤ人はキリスト教とスペインの中央アメリカ征服を予知していた。 <br />800年以上前に書かれた記録によると、マヤ人は第一次世界大戦、ヒトラーの出現、2006年12月に東南アジアを襲った津波をも予言していた。 <br /><br />そして間もなく訪れる2012年12月には未曾有の自然災害によって地球が破壊され全人類が消滅すると予言している。 <br />2012年12月21日が近づくにつれ、この予言は世界中の注目を集めている。<br />2009年11月にはローランド・エメリッヒ監督の超大作「2012」が公開された。 <br />この映画ではマヤ人の予言をもとに、地球の破壊がどう起こるかが描かれている。 <br />果たしてマヤの予言には科学的な正当性はあるのだろうか?<br />それともパニック映画の題材になるだけの突飛な話なのだろうか? <br /><br />番組では、プリンストン大学の地質学者アダム・マルーフ博士が、現代科学の視点から古代マヤの予言を検証する。 <br />彼はメキシコのユカタン半島にあるマヤの寺院を訪れ、考古学的な疑問を解明するためドイツのドレスデンに向かい、さらなる真実を求めてオーストラリアの広大な砂漠にも足を運ぶ。 <br />CGを駆使した映像や、地質学、人類学、天文学の研究者へのインタビューにより、2012年に何が起こり、何が起こらないかを探る。
63

2012 マヤ・カレンダーの秘密

商品詳細を見る★2012年、世界は本当に滅亡してしまうのか!?滅亡説のもととなったマヤ・カレンダーの秘密を解き明かす!■マヤ・カレンダーとは紀元前900年~300年にメキシコ南東部、ユカタン半島、グアテマラ周辺に栄えたと言われるマヤ文明。マヤの人々は当時では考えられないほど高度な天文知識を有し、一周期を260日とするツォルキンと呼ばれるカレンダーは、宗教的、儀礼的に使われていた。また、このとき既に1年を365日とするハ... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002P88JVM/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/617dKodC9kL.jpg" alt="2012マヤ・カレンダーの秘密 [DVD]" style="border:none;" /></a><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002P88JVM/dollphotodiar-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a><br /><br />★2012年、世界は本当に滅亡してしまうのか!?滅亡説のもととなったマヤ・カレンダーの秘密を解き明かす!<br /><br />■マヤ・カレンダーとは<br />紀元前900年~300年にメキシコ南東部、ユカタン半島、グアテマラ周辺に栄えたと言われるマヤ文明。<br />マヤの人々は当時では考えられないほど高度な天文知識を有し、一周期を260日とするツォルキンと呼ばれるカレンダーは、宗教的、儀礼的に使われていた。<br />また、このとき既に1年を365日とするハアブと呼ばれる太陽暦のカレンダーも存在しており、閏にあたる季節のずれも認識していた可能性が高いと言われている。<br />この高度なマヤの長期暦が2012年の冬至付近で終わっているとされ、その後、多くの人類滅亡説が生まれることになった。<br /><br /><strong>監督</strong><br />ゲルハルト・フォン・アッティクア<br /><br /><strong>出演</strong><br />クラウス・ベッカー<br /><br />マヤ・カレンダーの謎の解き方、教えます。<br />2012年12月21日、高度な天文知識を持つマヤ文明のカレンダーが、一つの区切りを迎える。<br />破滅と再生の周期を持っていたとされるマヤの人々から、我々は何を学ぶのだろうか!?<br />「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒや「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ監督も注目するマヤ・カレンダーの秘密を余すところ無く丁寧に解説し、驚くべき新世界へと見る者を誘うドキュメンタリー!<br />ノストラダムスの大予言から10年。再びユーザーの注目が終末論に集まる絶好のタイミングでリリース決定!!<br />(1995年 / ドイツ)<br /><br /><br />
    Return to Pagetop