PROFILE

ジェニー

Author:ジェニー

CATEGORIES
TAGS

映画 ドキュメンタリー 洋画 動物 アニメ TVシリーズ 心霊 邦画 オムニバス コメディ アクション ホラー パニック BBC サスペンス 宇宙 SF ファンタジー ディザスター 都市伝説 風景 恐竜 アドベンチャー 事件 UFO  自然  音楽 ロビン・ウィリアムズ  旅行 劇場版 実話 ディズニー ドリームワークス 昆虫 エイリアン 昔話 絵本 陰謀 超常現象 飛行機 サイコ ジェフ・ゴールドブラム 地球  CG セクシー ラブストーリー アート 刑事もの ドラえもん 宇宙人 乗り物 名城 時代劇 ミリタリー ファミリー  地球外生命体 ピクサー ドラマ 海外 トム・ハンクス 世界史 人形劇 コズミックフロント 海外ドラマ 世界名作劇場 世界遺産 生物 深海 ミステリー 料理 日本史  マイケル・J・フォックス 童話 建物 旅客機 ホテル ディスカバリーチャンネル ヒュー・グラント  爬虫類 サンドラ・ブロック 歴史 UMA 田中真弓 野沢雅子 ジム・キャリー 犯罪 ジョニー・デップ 武田鉄矢 スリラー 絵画 ベン・スティラー 宮崎駿 ペット タイムスリップ 戦闘機 科学捜査 レオナルド・ダ・ヴィンチ 大塚明夫 伊丹十三 クリスマス 吉田理保子 ロバート・デ・ニーロ ヒーロー 手塚治虫 再現ドラマ 未来 シミュレーション ジブリ 災害 海中 スティーヴン・スピルバーグ バイク 空撮 地球ドラマチック 怪談 ジェニファー・ロペス マヤ文明 ウーピー・ゴールドバーグ エディ・マーフィ ウィル・スミス ジュリア・ロバーツ 電車 空港 人類滅亡 ピラミッド ペンギン 海軍 ウサギ 特殊部隊 潜水艦  パフォーマンス マイケル・クラーク・ダンカン アン・ハサウェイ メリル・ストリープ モーガン・フリーマン パロディ 西田敏行 哺乳類 メグ・ライアン スティーブン・スピルバーグ  海底 イルミネーション ダンス スラッシャー映画 ジャッキー・チェン ロボット 殺人鬼 宜保愛子 探検 空軍   CQB ヘリコプター 三國連太郎 タカ ノストラダムス 惑星 予言 稲川淳二 ドリュー・バリモア リスザル 兵器 花火 軍艦 NHK宇宙チャンネル クワガタ オランダ映画 カブトムシ 時代 戦国時代 怪奇現象 ユアン・マクレガー ブルース・ウィリス 鉄道 OVA キアヌ・リーブス 戦車 珊瑚礁 ベリーダンス フィンランド イタリア  実写版 レッスン モンスター キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 海洋生物 ジャック・ニコルソン イルカ トミー・リー・ジョーンズ スポーツカー カナダ ラブコメ ヒストリーチャンネル 植木等 高畑勲 ミュージカル SF 特撮 事故 フェイクドキュメンタリー 野鳥 地球伝説 植物 ニコラス・ケイジ トレッキング ロープウェイ スコット・スピードマン ケーブルカー オーランド・ブルーム 自然現象 トム・クルーズ ダンプ ロバート・ダウニーJr. プロペラ機 北野武 サイエンス 世良公則 サクセスストーリー 海兵隊 ジェット機 装甲車 オカルト ブルドーザー ブラッド・ピット 戦闘艦 トラック スペシャル TV ケビン・コスナー 妖怪 映画音楽 予知能力 ケイト・ハドソン 名所 砂漠  サメ ミイラ ティム・バートン 両生類 ハムスター ゴマフアザラシ ゴルフ 藤子不二雄 アトランティス アルマゲドン  悪魔 戦争 マインドコントロール なぞなぞ  超能力 運動 体操 モータースポーツ 健康 スピンオフ ポールダンス サバイバル 殺人 秘密結社 紅葉 フィットネス エクササイズ エクトプラズム ドイツ クロマニョン人 釣りバカ日誌 TVドラマ ネアンデルタール人 マンモス サーベルタイガー 偉人 自衛隊 ミラ・ジョヴォヴィッチ レオナルド・ダ・ヴィンチ 古代エジプト イギリス キリスト 世界滅亡 衛星 滅亡 ニュージーランド アメリカ ロシア フランス 太陽 クジラ グルメ イスラエル ダイアナ ネズミ 類人猿 ホッキョクグマ マシンガン ブラックベア グリズリー アウストラロピテクス クマ レーシングカー 淡水魚 ゾンビ スーパーカー ランボルギーニ クロウサギ ペルシュロン コモンリスザル ミニホース コツメカワウソ カワウソ アシカ クロエ・グレース・モレッツ ミニブタ カリフォルニアアシカ アンゴラ 核戦争 イングリッシュアンゴラ 地震 アイドル TVスペシャル SL ファミリー映画 ルパン三世 ワニ ダム 軍隊 新幹線 特急 オットセイ ヤギ ミナミアメリカオットセイ アルゼンチン スポーツ サッカー ブタ 竜巻 悪魔払い ロマンティック プラネタリウム  パワースポット Queen 伝記ドラマ 星座 熱帯魚 ポルターガイスト 海水魚 人魚 夜景 海藻 海草 動物園 ビッグフット フクロモモンガ アルパカ オオタカ ミステリー・サークル 富士山 フタユビナマケモノ ナマケモノ タイムマシン サル 地中海  水族館 サイバー攻撃 特殊能力 名作童話  

SEARCH
amazon

1025

一千億個の地球!?

内容1960年、「オズマ計画」と名付けられた世界初の地球外知的生命探査が行われた。このとき電波望遠鏡が向けられたのが、秋の星座・くじら座のタウ星だった。これは太陽系のすぐ隣にある太陽に似た恒星で、生命を持つ惑星を持つ可能性が高いと考えられていた。それから半世紀たった今、世界中の最新望遠鏡が新たな惑星探しにしのぎを削っている。そして2012年12月、あのくじら座タウ星に「地球に似た惑星」が5つ存在す... <img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/201509231437256c7.jpg" alt="一千億個の地球!?" border="0" width="500" height="319" /><br /><br /><strong>内容</strong><br />1960年、「オズマ計画」と名付けられた世界初の地球外知的生命探査が行われた。<br />このとき電波望遠鏡が向けられたのが、秋の星座・くじら座のタウ星だった。<br />これは太陽系のすぐ隣にある太陽に似た恒星で、生命を持つ惑星を持つ可能性が高いと考えられていた。<br />それから半世紀たった今、世界中の最新望遠鏡が新たな惑星探しにしのぎを削っている。<br />そして2012年12月、あのくじら座タウ星に「地球に似た惑星」が5つ存在することが明らかになった。<br />しかも一部の星は、生命に適した温度を持つという。<br />さらに2013年10月に発表されたNASAの宇宙望遠鏡ケプラーの最新報告によれば、銀河系には「地球に似た惑星」が予想以上に多いこともわかってきた。<br />「私たち人類は、広大な宇宙の中でひとりぼっちなのか?」という古くからの問いに挑みつづける科学者の足跡を追い、天文学で最もホットな分野のひとつに成長した「太陽系外惑星研究」の最前線に迫る。<br /><br /><br />
758

地球を襲う太陽嵐

太陽嵐のメカニズム研究の最前線や、産業・社会基盤などを守ろうとする“宇宙天気予報”の取り組みを紹介!明日にも起きるかもしれない太陽嵐の脅威と備えの方策を探る!制作・監督ベン・フォックスシリーズ編集アイダン・ラヴァティ内容突然、都市に大規模な停電が起き、GPSが使えなくなり、人工衛星が失われる……そんなパニック映画のようなリスクがひそかに私たちの生活を脅かしている。原因は太陽の表面で起きる爆発によって発生... <img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/2014080813321814f.jpg" alt="地球を襲う太陽嵐" border="0" width="500" height="319" /><br /><br /><strong>太陽嵐のメカニズム研究の最前線や、産業・社会基盤などを守ろうとする“宇宙天気予報”の取り組みを紹介!<br />明日にも起きるかもしれない太陽嵐の脅威と備えの方策を探る!</strong><br /><br /><strong>制作・監督</strong><br />ベン・フォックス<br /><br /><strong>シリーズ編集</strong><br />アイダン・ラヴァティ<br /><br /><strong>内容</strong><br />突然、都市に大規模な停電が起き、GPSが使えなくなり、人工衛星が失われる……<br />そんなパニック映画のようなリスクがひそかに私たちの生活を脅かしている。<br />原因は太陽の表面で起きる爆発によって発生する「太陽嵐」だ。<br />強い電磁波やプラズマが1億5千万km離れた地球に降り注ぐのだ。<br />次に太陽活動がピークをむかえるのは今年の秋頃と予想されている。<br />IT化が進んだ現代社会で大規模な太陽嵐が地球を襲った場合、停電に加えて電子機器の異常動作や情報通信の障害などで全世界が混乱に陥る恐れがあり、アメリカでの報告では損害は最大2兆ドルに上ると推計されている。<br />太陽嵐が地球の高層大気を加熱し膨張させることで、人工衛星が軌道を外れ墜落するケースもある。<br />また、最近の研究では、過去に観測された最大級の太陽嵐を上回る規模の「スーパーフレア」が発生する可能性もあるとわかってきた。<br />番組では、近年解き明かされつつある太陽嵐のメカニズム研究の最前線や、産業・社会基盤などを守ろうとする“宇宙天気予報”の取り組みを紹介し、明日にも起きるかもしれない太陽嵐の脅威と備えの方策を探る。<br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop