PROFILE

ジェニー

Author:ジェニー

CATEGORIES
TAGS

映画 ドキュメンタリー 洋画 動物 アニメ TVシリーズ 心霊 邦画 オムニバス コメディ ホラー アクション 宇宙 BBC パニック サスペンス SF ファンタジー 都市伝説 ディザスター 恐竜 アドベンチャー 風景 事件 UFO  自然  音楽 ディズニー CG  旅行 ロビン・ウィリアムズ ドリームワークス 実話 劇場版 昆虫 エイリアン 絵本 陰謀 超常現象 地球 昔話 セクシー ラブストーリー 飛行機 ジェフ・ゴールドブラム サイコ コズミックフロント 時代劇  アート 刑事もの ピクサー ファミリー 宇宙人 ドラえもん 乗り物 地球外生命体  ミリタリー 名城 トム・ハンクス 世界名作劇場 人形劇 世界史 ミステリー 海外ドラマ ドラマ 深海 世界遺産 ディスカバリーチャンネル 生物 歴史 マイケル・J・フォックス UMA 童話  料理 ヒーロー 日本史 ホテル 旅客機 爬虫類 野沢雅子 海外 田中真弓  建物 サンドラ・ブロック タイムスリップ ヒュー・グラント スリラー 伊丹十三 クリスマス 大塚明夫 宮崎駿 シミュレーション 怪談 ジム・キャリー ペット 戦闘機 犯罪 絵画 科学捜査 ベン・スティラー 吉田理保子 ロバート・デ・ニーロ 武田鉄矢 ジョニー・デップ レオナルド・ダ・ヴィンチ ジェニファー・ロペス 未来 スティーヴン・スピルバーグ 海中 空撮 殺人鬼 ジュリア・ロバーツ ジブリ 地球ドラマチック スラッシャー映画 エディ・マーフィ ウーピー・ゴールドバーグ 災害 再現ドラマ タイムトラベル ウィル・スミス マヤ文明 バイク 手塚治虫 科学 パフォーマンス アン・ハサウェイ メグ・ライアン ダンス ピラミッド 研究 サイエンスチャンネル 潜水艦 電車 タイムマシン ペンギン 科学のフロンティアシリーズ 理化学研究所 空港 イルミネーション  マイケル・クラーク・ダンカン メリル・ストリープ ウサギ 人類滅亡 パロディ 哺乳類 西田敏行 ロボット  ジャッキー・チェン カナダ 海軍 ユアン・マクレガー モーガン・フリーマン 海底 スティーブン・スピルバーグ ラブコメ 特殊部隊 イルカ クワガタ 時代 リスザル   OVA オランダ映画 NHK宇宙チャンネル CQB 鉄道 カブトムシ 探検 空軍 ヘリコプター 戦車 軍艦 兵器 ノストラダムス 花火 予言 タカ 特撮 珊瑚礁 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ イタリア  ジャック・ニコルソン 地球伝説 フィンランド トミー・リー・ジョーンズ 惑星 ブルース・ウィリス スポーツカー 宜保愛子 植物 ヒストリーチャンネル クマ 戦国時代 ドリュー・バリモア 怪奇現象 三國連太郎 高畑勲 フランス SF ミュージカル フェイクドキュメンタリー 稲川淳二 モンスター 秘密結社 レッスン Queen バミューダ・トライアングル 野鳥 キアヌ・リーブス 事故 イギリス 実写版 ベリーダンス 海洋生物 スクリーン・マシーン 植木等 水戸黄門  TV トレッキング ロバート・ダウニーJr. 北野武 ニコラス・ケイジ サイエンス 軍隊 ロープウェイ 世良公則 スペシャル ダム 海兵隊 妖怪 プロペラ機 トム・クルーズ 装甲車 ブルドーザー ケビン・コスナー ダンプ トラック オーランド・ブルーム 戦闘艦 ブラッド・ピット 自然現象 オカルト 映画音楽 サクセスストーリー ジェット機 スコット・スピードマン ケーブルカー ナマケモノ エクトプラズム ドイツ イスラエル 藤子不二雄 ゴルフ アルマゲドン アトランティス ゴマフアザラシ ダイアナ グルメ 類人猿 アウストラロピテクス グリズリー ネズミ 太陽 クジラ ロシア 悪魔  殺人 マインドコントロール 戦争 サバイバル 紅葉 フィットネス エクササイズ ミイラ ティム・バートン 砂漠 両生類 ハムスター 名所 ケイト・ハドソン サメ  ブラックベア ホッキョクグマ ツングースカ爆発 宗教 ヴァチカン 反物質 水爆 核戦争 ハロウィン ウイルス ロズウェル事件 コント 人類 OV ホーキング博士 古代ローマ fMRI ザ・ドリフターズ 絶滅 古代エジプト レオナルド・ダ・ヴィンチ 偉人 マンモス ネアンデルタール人 サーベルタイガー ニュージーランド マシンガン アメリカ クロマニョン人 釣りバカ日誌 滅亡 世界滅亡 キリスト 衛星 ミラ・ジョヴォヴィッチ TVドラマ 自衛隊 ポールダンス スピンオフ 予知能力 イングリッシュアンゴラ アンゴラ カワウソ コツメカワウソ ゾンビ スーパーカー ランボルギーニ カリフォルニアアシカ アシカ フタユビナマケモノ イオンビーム 富士山 竜巻 ブタ クロエ・グレース・モレッツ ミニブタ クロウサギ ペルシュロン 新幹線 特急 スポーツ ファミリー映画 SL ルパン三世 TVスペシャル サッカー アルゼンチン 地震 コモンリスザル ミニホース アイドル ヤギ ミナミアメリカオットセイ オットセイ ミステリー・サークル フクロモモンガ 人魚 ポルターガイスト 海水魚 夜景 海草 熱帯魚 海藻 淡水魚 レーシングカー なぞなぞ  超能力 運動 体操 モータースポーツ 健康 星座 プラネタリウム 名作童話 サイバー攻撃 水族館 特殊能力 サル アルパカ オオタカ 地中海   悪魔払い ロマンティック パワースポット 伝記ドラマ ビッグフット 動物園 ワニ 

SEARCH
1261

決定版!SF映画年代記 第1回「宇宙 最初の開拓地」

SF映画の進化の歴史を探るドキュメンタリー!宇宙空間、異星人の侵略、ロボット、タイムトラベル-SF映画の4つのテーマを取り上げる!製作総指揮マイケル・プールシリーズ製作ベン・サウスウェルジョン・ダズ内容映画やTVドラマで人気のジャンル“SF”。これまで数多くのヒット作が生まれてきた背景には、究極のフィクションであるというロマンもあるが、当時の社会情勢が描きこまれていたという意外なリアリズムがある……。そんなSF... <img src="https://blog-imgs-108-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20170920221028027.jpg" alt="決定版!SF映画年代記" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>SF映画の進化の歴史を探るドキュメンタリー!<br />宇宙空間、異星人の侵略、ロボット、タイムトラベル-SF映画の4つのテーマを取り上げる!</strong><br /><br /><strong>製作総指揮</strong><br />マイケル・プール<br /><br /><strong>シリーズ製作</strong><br />ベン・サウスウェル<br />ジョン・ダズ<br /><br /><strong>内容</strong><br />映画やTVドラマで人気のジャンル“SF”。<br />これまで数多くのヒット作が生まれてきた背景には、究極のフィクションであるというロマンもあるが、当時の社会情勢が描きこまれていたという意外なリアリズムがある……。<br />そんなSFの歴史を“宇宙”などの4つのテーマを通じて紹介する英国と米国のBBCが共同制作したドキュメンタリー・シリーズ。<br />映画とTVの“スター・トレック”シリーズの主演男優ウィリアム・シャトナー、「アバター」の女優ゾーイ・サルダナ、現役作家のウィリアム・ギブソンや故人となったアイザック・アシモフ、「ブレード・ランナー」に参加したデザイナーのシド・ミードら、SFの名作に携わってきた関係者たちのコメント、日本未公開の映像など見逃せない貴重映像が満載。<br /><br /><strong>#1 宇宙 最初の開拓地</strong><br />SF映画は草創期より、宇宙への旅を描いてきた。<br />最初のSF映画である「月世界旅行」、開拓地としての宇宙を描いたTVシリーズ「スター・トレック」(「宇宙大作戦」)、人類の英知を超えた存在と出会う「2001年宇宙の旅」を経て、ついにSF映画の金字塔となった「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」が登場する。<br />そこで描かれたのは、往年のSF映画から受け継がれた純粋な“宇宙への憧れ”だった。<br /><br /><br />(C)BBC 2014<br /><br /><br /><br /><br />
1195

科学のフロンティア3「表面を変えるとモノが変わる イオンビームを用いた表層改質」

広範な理研の最先端科学研究の中から、ひとつの研究分野を取上げ、その基礎知識から最新の研究現場まで掘り下げて詳しく紹介するシリーズ。制作理化学研究所キャスター犬塚麻里(エス・オー・プロモーション)ナレーター石森則和(エス・オー・プロモーション)所属機関・協力機関理化学研究所理化学研究所 先端技術開発支援センター センター長 岩木正哉(理化学研究所)内容加速されたイオン「イオンビーム」。イオンビームを使うと材... <img src="https://blog-imgs-98-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/2017020723342034f.jpg" alt="科学のフロンティア3「表面を変えるとモノが変わる イオンビームを用いた表層改質」" border="0" width="500" height="371" /><br /><br /><strong>広範な理研の最先端科学研究の中から、ひとつの研究分野を取上げ、<br />その基礎知識から最新の研究現場まで掘り下げて詳しく紹介するシリーズ。</strong><br /><br /><strong>制作</strong><br />理化学研究所<br /><br /><strong>キャスター</strong><br />犬塚麻里(エス・オー・プロモーション)<br /><br /><strong>ナレーター</strong><br />石森則和(エス・オー・プロモーション)<br /><br /><strong>所属機関・協力機関</strong><br />理化学研究所<br />理化学研究所 先端技術開発支援センター センター長 岩木正哉(理化学研究所)<br /><br /><strong>内容</strong><br />加速されたイオン「イオンビーム」。<br />イオンビームを使うと材料の表層の構造を思いのままに改質することができます。<br />この技術は半導体製造を支えてきた重要な技術ですが、いまや生体材料として医療の分野にまで応用の幅を広げています。<br />番組ではイオンビーム発生装置の原理などの基礎知識から最新の研究まで、わかりやすく紹介します。<br />(2003年)<br /><br /><br /><br />
1194

科学のフロンティア2「脳の活動をミリ単位で計測するfMRIを用いた脳科学研究」

広範な理研の最先端科学研究の中から、ひとつの研究分野を取上げ、その基礎知識から最新の研究現場まで掘り下げて詳しく紹介するシリーズ。制作理化学研究所キャスター犬塚麻里(エス・オー・プロモーション)ナレーター石森則和(エス・オー・プロモーション)所属機関・協力機関上野賢一(理化学研究所 脳科学総合研究センター認知機能表現研究チーム)カン・チェン(理化学研究所 脳科学総合研究センター認知機能表現研究チーム)内容刻... <img src="https://blog-imgs-98-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/201702072320391c3.jpg" alt="科学のフロンティア2「脳の活動をミリ単位で計測するfMRIを用いた脳科学研究」" border="0" width="500" height="369" /><br /><br /><strong>広範な理研の最先端科学研究の中から、ひとつの研究分野を取上げ、<br />その基礎知識から最新の研究現場まで掘り下げて詳しく紹介するシリーズ。</strong><br /><br /><strong>制作</strong><br />理化学研究所<br /><br /><strong>キャスター</strong><br />犬塚麻里(エス・オー・プロモーション)<br /><br /><strong>ナレーター</strong><br />石森則和(エス・オー・プロモーション)<br /><br /><strong>所属機関・協力機関</strong><br />上野賢一(理化学研究所 脳科学総合研究センター認知機能表現研究チーム)<br />カン・チェン(理化学研究所 脳科学総合研究センター認知機能表現研究チーム)<br /><br /><strong>内容</strong><br />刻一刻と変化する脳の活動の様子を計測する方法、「fMRI」です。<br />非破壊で身体の中の画像化することができる装置MRIの基本原理、fMRI計測とはどのような方法なのか、さらに最新のfMRIでの脳科学研究を紹介します。<br />(2003年)<br /><br /><br /><br />
1179

蘇る恐竜の時代 絶滅の淵で

恐竜の専門家たちがハリウッドとタッグを組み、最先端のリサーチを斬新な映像で紹介する。映像制作ピクサーディズニードリームワークス内容大量絶滅のあった地球で恐竜はどう生き延びたのか。巨大で恐ろしいティラノサウルスは最も名の知れた恐竜であろう。鈍くて動きが遅いと思われているが、最近の研究でそうではなかったことが明らかとなりつつある。実際はもっと器用でダイナミックで、鳥に近いような恐竜だったのだ。ティラノ... <img src="https://blog-imgs-98-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20170117095139dd8.jpg" alt="蘇る恐竜の時代 絶滅の淵で" border="0" width="500" height="375" /><br /><br /><strong>恐竜の専門家たちがハリウッドとタッグを組み、最先端のリサーチを斬新な映像で紹介する。</strong><br /><br /><strong>映像制作</strong><br />ピクサー<br />ディズニー<br />ドリームワークス<br /><br /><strong>内容</strong><br />大量絶滅のあった地球で恐竜はどう生き延びたのか。<br />巨大で恐ろしいティラノサウルスは最も名の知れた恐竜であろう。<br />鈍くて動きが遅いと思われているが、最近の研究でそうではなかったことが明らかとなりつつある。<br />実際はもっと器用でダイナミックで、鳥に近いような恐竜だったのだ。<br />ティラノサウルスは小惑星が地球に衝突したことにより死滅したが、生存した恐竜もいた。<br />例えば、小さくて鳥のようで非常に賢いトロオドン。<br />最後の恐竜とも言われるトロオドンが、すべてが滅びた世界でいかに生きたのか?<br /><br /><br />原題:Dinosaur Revolution End Game<br />(C) Discovery Communications<br /><br /><br />
1162

宇宙の果てのミステリー

毎回ひとつの宇宙のミステリーを解き明かしていくコズミックフロント☆NEXT。今回のテーマは、「宇宙の果て」について。宇宙に果てはあるのだろうか?宇宙はどれほど広く、いったいどこまで続いているのか?誰もがいだく宇宙最大の謎だ。語り永作博美堀越将伸出演鏡リュウジ 声の出演宗矢樹頼植竹香菜内容この数十年で観測技術が飛躍的に進歩し、ついに人類は最果ての銀河をとらえるようにまでになった。しかし、観測できるのは... <img src="https://blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20161206230849fbc.jpg" alt="宇宙の果てのミステリー" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>毎回ひとつの宇宙のミステリーを解き明かしていくコズミックフロント☆NEXT。<br />今回のテーマは、「宇宙の果て」について。<br />宇宙に果てはあるのだろうか?<br />宇宙はどれほど広く、いったいどこまで続いているのか?<br />誰もがいだく宇宙最大の謎だ。</strong><br /><br /><strong>語り</strong><br />永作博美<br />堀越将伸<br /><br /><strong>出演</strong><br />鏡リュウジ <br /><br /><strong>声の出演</strong><br />宗矢樹頼<br />植竹香菜<br /><br /><strong>内容</strong><br />この数十年で観測技術が飛躍的に進歩し、ついに人類は最果ての銀河をとらえるようにまでになった。<br />しかし、観測できるのは宇宙が生まれたとされる138億光年前の姿までだ。<br />ではその先はどうなっているのか?<br />観測不可能な宇宙を数式と理論によって明らかにしようとする研究者たちがいる。<br />はるかかなたの宇宙の姿とは?<br />にわかには信じがたい、驚愕の宇宙のミステリーの世界に案内する。<br />ミニコーナー「私の宇宙絶景」には占星術研究家・鏡リュウジさんが登場、貴重なホロスコープの古書を紹介する。<br />「宇宙(ほし)の街紀行」では、宇宙の果てを知るために欠かせない一般相対性理論を生んだアルベルト・アインシュタインの博物館を訪れる。<br /><br /><br />(C)NHK<br /><br /><br /><br /><br />
1276

ロック・レジェンズ「クイーン」

時代を超えて愛される伝説のロックスターたち。彼らのミュージシャンとしての輝かしい歴史とその音楽がいかに世界のポップカルチャーに影響を与えたかを描くシリーズ。音楽史に残るパフォーマンスやミュージックビデオなどの豊富な資料映像と、彼らをよく知る音楽関係者のインタビューで時代のアイコンとなったロック界のスーパーアーティストたちに迫る。監督Lyndy Saville脚本Cal Saville内容イギリスを代表するロック・バンド“... <img src="https://blog-imgs-108-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20171023163011fe8.jpg" alt="ロック・レジェンズ「クイーン」" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>時代を超えて愛される伝説のロックスターたち。<br />彼らのミュージシャンとしての輝かしい歴史とその音楽がいかに世界のポップカルチャーに影響を与えたかを描くシリーズ。<br />音楽史に残るパフォーマンスやミュージックビデオなどの豊富な資料映像と、彼らをよく知る音楽関係者のインタビューで時代のアイコンとなったロック界のスーパーアーティストたちに迫る。</strong><br /><br /><strong>監督</strong><br />Lyndy Saville<br /><br /><strong>脚本</strong><br />Cal Saville<br /><br /><strong>内容</strong><br />イギリスを代表するロック・バンド“クイーン”。<br />1974年リリースの“キラー・クイーン”で人気に火がつくと、1970年代後半には“ウィ・ウィル・ロック・ユー”や“伝説のチャンピオン”などの名曲を発表し、そのライブ・パフォーマンスが高く評価された。<br />1991年には中心的メンバーのフレディ・マーキュリーをエイズで亡くすが、ロンドン五輪で彼の映像を使ったライブを成功させ、クイーンは不滅であることを証明している。<br /><br /><br />原題:ROCK LEGENDS/QUEEN<br />(C)3DD Productions<br /><br /><br /><br />
1161

地球誕生のミステリー

語り永作博美堀越将伸 声の出演玄田哲章宗矢樹頼土田大内容地球は、いつ、いったいどうやって誕生したのか?地球の年齢は、実は明らかになっておらず、特定が困難だと言われている。なぜなら、誕生以来続いている火山活動やプレート移動によって、地球の生まれた当時の情報は残っていないためだ。では、地球の年齢を割り出すためには、どうしたらいいのか?ユニークな発想でその謎を解き明かそうとする研究者たち。そして、地球が... <img src="https://blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20161206215019fe5.jpg" alt="地球誕生のミステリー" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>語り</strong><br />永作博美<br />堀越将伸 <br /><br /><strong>声の出演</strong><br />玄田哲章<br />宗矢樹頼<br />土田大<br /><br /><strong>内容</strong><br />地球は、いつ、いったいどうやって誕生したのか?<br />地球の年齢は、実は明らかになっておらず、特定が困難だと言われている。<br />なぜなら、誕生以来続いている火山活動やプレート移動によって、地球の生まれた当時の情報は残っていないためだ。<br />では、地球の年齢を割り出すためには、どうしたらいいのか?<br />ユニークな発想でその謎を解き明かそうとする研究者たち。<br />そして、地球が現在のように生命あふれる天体となったのも、地球誕生の時の事件が深く関わっていることが分かってきた。<br />私たちにとって最も身近な天体・地球誕生の秘密に迫る。<br /><br /><br />(C)NHK<br /><br /><br />
1158

ツングースカ爆発の真相に迫る

内容およそ100年前にシベリア・ツングースカの針葉樹林で「謎の大爆発」が起きた。強烈な爆風と熱で、2000平方キロメートルもの範囲の木がなぎ倒れされて大炎上。当初は、誰もが爆発はいん石によるものだと信じていたが、いくら調べても痕跡は発見されなかった。その不思議さに魅了された科学者たちはUFO説や人災説などユニークな説を次々と発表した。1世紀以上にわたって科学者たちをとりこにしてきたツングースカ爆発の謎。最... <img src="https://blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/201611232206456f0.jpg" alt="ツングースカ爆発の真相に迫る" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>内容</strong><br />およそ100年前にシベリア・ツングースカの針葉樹林で「謎の大爆発」が起きた。<br />強烈な爆風と熱で、2000平方キロメートルもの範囲の木がなぎ倒れされて大炎上。<br />当初は、誰もが爆発はいん石によるものだと信じていたが、いくら調べても痕跡は発見されなかった。<br />その不思議さに魅了された科学者たちはUFO説や人災説などユニークな説を次々と発表した。<br />1世紀以上にわたって科学者たちをとりこにしてきたツングースカ爆発の謎。<br />最新の調査によって生まれた驚きのシナリオを紹介する。<br /><br /><br />(C)NHK<br /><br /><br /><br />
1157

反物質 宇宙のロストワールド

語り萩原聖人守本奈実声の出演川島得愛藤本譲宗矢樹頼内容私たちはなぜ存在するのか?この究極の謎をひもとくカギが「反物質」だ。人体や地球、星などは「物質」でできているが、理論上は物質を鏡に映したような「反物質」も同じだけ存在するという。しかし、科学者たちの懸命な捜索にも関わらず、いまだに見つからない。反物質とは一体なにか?宇宙のどこにあるのか?2015年のノーベル物理学賞の受賞理由となった「ニュートリノ振... <img src="https://blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20161123210846b81.jpg" alt="反物質 宇宙のロストワールド" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>語り</strong><br />萩原聖人<br />守本奈実<br /><br /><strong>声の出演</strong><br />川島得愛<br />藤本譲<br />宗矢樹頼<br /><br /><strong>内容</strong><br />私たちはなぜ存在するのか?この究極の謎をひもとくカギが「反物質」だ。<br />人体や地球、星などは「物質」でできているが、理論上は物質を鏡に映したような「反物質」も同じだけ存在するという。<br />しかし、科学者たちの懸命な捜索にも関わらず、いまだに見つからない。<br />反物質とは一体なにか?宇宙のどこにあるのか?<br />2015年のノーベル物理学賞の受賞理由となった「ニュートリノ振動」を用いた地下実験にも密着。<br />究極の謎に迫る。<br /><br /><br />(C)NHK<br /><br />
1189

フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「水爆 欲望と裏切りの核融合」

科学は、人間に夢を見せる一方で、ときに残酷な結果をつきつける。理想の人間を作ろうとした科学者フランケンシュタインが、怪物を生み出してしまったように…。キャスト池内了笠田竜太ナビゲーター吉川晃司司会武内陶子内容人類史上最悪兵器「水爆」の父、エドワード・テラー。原爆を生み出した「マンハッタン計画」の科学者たちの多くが後悔の念を抱いて晩年を送ったのに対し、ひとりテラーは水爆の「無限の破壊力を実現する」欲... <img src="https://blog-imgs-98-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/201702042125510cd.jpg" alt="フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「水爆 欲望と裏切りの核融合」" border="0" width="500" height="415" /><br /><br /><strong>科学は、人間に夢を見せる一方で、ときに残酷な結果をつきつける。<br />理想の人間を作ろうとした科学者フランケンシュタインが、怪物を生み出してしまったように…。</strong><br /><br /><strong>キャスト</strong><br />池内了<br />笠田竜太<br /><br /><strong>ナビゲーター</strong><br />吉川晃司<br /><br /><strong>司会</strong><br />武内陶子<br /><br /><strong>内容</strong><br />人類史上最悪兵器「水爆」の父、エドワード・テラー。<br />原爆を生み出した「マンハッタン計画」の科学者たちの多くが後悔の念を抱いて晩年を送ったのに対し、ひとりテラーは水爆の「無限の破壊力を実現する」欲望に突き進む。<br />邪魔する者には容赦なく、かつての仲間さえ裏切った。<br />水爆完成後も更なる大量破壊兵器開発に生涯をささげた、狂気の天才物理学者の闇に迫る!<br /><br /><br /><br />
1193

科学のフロンティア1「RIビームをつくるための加速器とその原理」

広範な理研の最先端科学研究の中から、ひとつの研究分野を取上げ、その基礎知識から最新の研究現場まで掘り下げて詳しく紹介するシリーズ。制作理化学研究所内容ある元素を別の元素に変換する試みは古くは錬金術にもさかのぼる人類の長い間の夢でした。その夢を現実にしたのが、分子を加速して放射光を発生させる加速器です。理化学研究所でも加速器を用いて元素の起源の解明に迫るなど様々な研究を行っています。番組ではこの加速... <img src="https://blog-imgs-98-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20170207231413c9f.jpg" alt="科学のフロンティア1「RIビームをつくるための加速器とその原理」" border="0" width="500" height="370" /><br /><br /><strong>広範な理研の最先端科学研究の中から、ひとつの研究分野を取上げ、<br />その基礎知識から最新の研究現場まで掘り下げて詳しく紹介するシリーズ。</strong><br /><br /><strong>制作</strong><br />理化学研究所<br /><br /><strong>内容</strong><br />ある元素を別の元素に変換する試みは古くは錬金術にもさかのぼる人類の長い間の夢でした。<br />その夢を現実にしたのが、分子を加速して放射光を発生させる加速器です。<br />理化学研究所でも加速器を用いて元素の起源の解明に迫るなど様々な研究を行っています。<br />番組ではこの加速器の仕組みをわかりやすく解説します。<br />(2001年)<br /><br /><br /><br /><br />
1146

エボラ出血熱 その謎に迫る

製作・監督ガイ・スミストリスタン・クインペニー・パルマーシリーズ編集スティーヴ・クラブツリー内容2013年から西アフリカを中心に過去最大の猛威をふるうエボラ出血熱。そのウイルスはどこからきたのか、そして、どうやって広がっていったのか。さまざまな角度から取材し、その正体に迫る。西アフリカ各地で感染患者の治療に当たる医療関係者が現状を報告。また、現地で感染し、未承認薬によって回復した医師や看護師がその体験... <img src="https://blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/201610301426294f7.jpg" alt="エボラ出血熱 その謎に迫る" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>製作・監督</strong><br />ガイ・スミス<br />トリスタン・クイン<br />ペニー・パルマー<br /><br /><strong>シリーズ編集</strong><br />スティーヴ・クラブツリー<br /><br /><strong>内容</strong><br />2013年から西アフリカを中心に過去最大の猛威をふるうエボラ出血熱。<br />そのウイルスはどこからきたのか、そして、どうやって広がっていったのか。<br />さまざまな角度から取材し、その正体に迫る。<br />西アフリカ各地で感染患者の治療に当たる医療関係者が現状を報告。<br />また、現地で感染し、未承認薬によって回復した医師や看護師がその体験を語る。<br />今回の流行が確認されたのは、患者第一号となったギニア共和国の少年が死亡してから14週間も経った後だった。<br />なぜ防止対策が遅れ、患者数が急増してしまったのか。<br />エボラ出血熱のウイルスは、1970年代、中央アフリカからベルギーの熱帯医学研究所に届いた血液サンプルから検出された。<br />研究者は、見たこともない紐状のウイルスの出所へと急遽向かい、恐ろしい感染症と感染経路を明らかにする。<br />エボラ熱の治療が困難な理由は、ウイルスが体内で繁殖するしくみにあった……。<br />実は15年前、ウガンダでエボラ出血熱が流行した際、自力で治癒した免疫力の強い人々がいた。<br />いま彼らの血液から採取した治療薬の開発が進められている。<br />(2014年 イギリス)<br /><br /><br />原題:Ebola - The Search for a Cure<br />(C) BBC 2014<br /><br /><br />
1188

ノストラダムス・エフェクト ~予言と黙示録~ Season1

数千年もの間、人々はそれぞれの文化独自の世紀末予言を生み出してきた。ノストラダムス・エフェクト ~予言と黙示録~ は現代の世界情勢を考えながら、最も恐ろしく悲惨な予言を紹介する。様々な分野の専門家がノストラダムス、聖書、神話、象形文字、そして古文書が伝える予言を分析、現代起こっている出来事との驚くべき合致点を解明。科学を通し、これらの予言と未来の出来事との関係を検証、また、毎回紹介する予言と似たもの... <a href="https://www.amazon.co.jp/dp/B002VH7P5I/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_lTGKybYB0EZ6E" target="_blank" title="ノストラダムス・エフェクト ~予言と黙示録~ Season1"><img src="https://blog-imgs-98-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20170202013543301.jpg" alt="ノストラダムス・エフェクト ~予言と黙示録~ Season1" border="0" width="500" height="706" /></a><br /><br /><strong>数千年もの間、人々はそれぞれの文化独自の世紀末予言を生み出してきた。<br />ノストラダムス・エフェクト ~予言と黙示録~ は現代の世界情勢を考えながら、最も恐ろしく悲惨な予言を紹介する。<br />様々な分野の専門家がノストラダムス、聖書、神話、象形文字、そして古文書が伝える予言を分析、現代起こっている出来事との驚くべき合致点を解明。<br />科学を通し、これらの予言と未来の出来事との関係を検証、また、毎回紹介する予言と似たものを世界の違う文化より紹介する。</strong><br /><br /><strong>監督</strong><br />Luke Ellis<br />Richard Monahan<br /><br /><strong>脚本</strong><br />Beata Ziel<br />Jethro Nededog<br />Michael Ray Brown<br />Sean Dash<br /><br /><strong>出演</strong><br />Claudia Llamas Rankel<br />James Casey<br />Farshad Farahat<br />Chris Smith<br />Marko Manojlovic<br /><br /><strong>内容</strong><br /><strong>■エピソード1「2012年の世界滅亡説」</strong><br />南アメリカの古代文明は、2012年12月21日に世界は滅びると予測したのだろうか。<br />マヤ文明には2012年に突如終わるロング・カウント(長期歴)と呼ばれるカレンダーが存在する。<br />冬至でもあるこの日は、2万6千年ごとに起こる非常にまれな銀河直列が起こる日でもある。<br />マヤの人々はカレンダーが終わると何が起こると考えていたのか。<br />また、2012年を世界の終わりと信じるマヤ以外の文明や違う時代の文化もあるのだろうか。<br /><br /><strong>■エピソード2「7つの封印」</strong><br />黙示録は聖書の中で最も恐ろしく、多くの論争を招く文書である。<br />2000年近く前に追放された予言者によって書かれ、その最終章では、人類は7年もの間苦しみと破壊を経て滅びるという。<br />イエスは7つの封印を破り3つの災害が起こる。<br />自然と人間によるもの、空からのもの、そして地中からのもの。<br />反キリストが目覚め、疫病、飢餓、戦争、自然災害が人類を苦しめ、最後にはイエスが復活し善と悪の戦いに挑む。<br />しかし反キリストは誰なのか、神の怒りを生き延びるのは? そしてこの黙示はいつ起こるのだろうか?<br /><br /><strong>■エピソード3「ダ・ヴィンチの予言」</strong><br />人類史上最も優れた哲学者、芸術家、そしてエンジニアであったレオナルド・ダ・ヴィンチは予言者でもあったのだろうか。<br />そして自らの世界の破滅の予言に死ぬまで苦しめられたのだろうか。<br />ダヴィンチの絵画に隠された手がかり、予言を秘めた謎、そして自身の行き方から、彼もノストラダムスに影響され人類の悪行に対して天罰が下ると信じていたのである。<br /><br /><strong>■エピソード4「キリスト教終末論」</strong><br />世界中から何百万もの人が消えた時、ラプチャーと呼ばれる聖書の予言が実現し残されたものに多くの恐怖が訪れる。<br />予言者パウロは、キリスト教信者がメシアと共に天に引き上げられる時が来ると予言。<br />これは悪に対し神罰が下る前に起こる。<br />ネイティブ・アメリカンのホピ族も同じように、善悪の最終決戦前に忠実な信者たちは地球から安全な場所へ引き上げられると信じていた。<br /><br /><strong>■エピソード5「古代エジプトの地球滅亡説」</strong><br />なぜエジプト人達は、3000年に一度地球に接近する彗星が、2012年に恐ろしい災いをもたらすと考えたのだろうか。<br />2001年9月が世紀末の始まりだと予言するピラミッドに隠された石とは?<br />このようなエジプトの予言や知識を新世界に紹介していったフリーメイソンの役割とは。<br />我々は破滅の道を進むしかないのか?!<br />それとも古代から伝わる警告から運命を変えられるのか?<br /><br /><strong>■エピソード6「ヒトラーの呪い」</strong><br />歴史上最も悪名高い狂人、アドルフ・ヒトラーは殺人者、人種差別主義者、独裁者、そして何百万もの人を惑わした。<br />この悪の天才は予言者でもあったのだろうか。<br />そして自分のねじれた考えや非道な行為は自分がいなくなった後も世界を征服すると考えていたのだろうか。<br />ヒトラーの台頭はノストラダムスやエリック・ヤン・ハヌッセンらの予言に後押しされたものだった。<br /><br /><strong>■エピソード7「死海文書の予言」</strong><br />1947年、死海近くの砂漠の洞窟で古代の巻物が発見された。<br />その巻物の一つは、世の終わりを招く戦争を事細かに予言している。<br />近年の出来事はこの 「戦いの書」 の予言通りに起こっているのだろうか。<br />死を恐れた植民者達はヘブライ語聖書と共にこの 「戦いの書」 を隠したが、その後彼らは姿を消し、死の予言だけが残ったのだった。<br /><br /><strong>■エピソード8「ニュートンの終末予測」</strong><br />アイザック・ニュートンは史上最も偉大な天才のひとりであるが、彼が黙示録の日付を予測したのを知っている人はほとんどいない。<br />ニュートンは万有引力の法則や、微積分法などを発見したことで有名だが、彼はまた非常に暗くて神秘的な一面を持っていた。<br />最近になって入手可能になった何千枚にも及ぶ私的文書が、秘かに彼が錬金術と聖書の予言に取り付かれていたことを明らかにする。<br /><br /><strong>■エピソード9「第三の反キリスト主義者」</strong><br />歴史上最も有能な予言者ノストラダムスは、3人の反キリスト者の出現が人類を苦しめると予測した。<br />反キリスト者たちの実態は?<br />我々はノストラダムスの予言を事前に読み解くことで、災難を回避できるのか。<br />ノストラダムスの著書では、最初の反キリスト者がフランス皇帝のナポレオン・ボナパルトで、第二の反キリスト者がアドルフ・ヒトラーであると示唆されているが…?<br /><br /><strong>■エピソード10「サタン軍」</strong><br />キリストの誕生から100年も経たないうちに、使徒ヨハネは神に対抗する悪魔の最後の戦いへの恐ろしいビジョンを与えられた。<br />そこには、人類の歴史の終わりを意味する死と破滅の様子が描かれている。<br />象徴的意味合いを多く含んでいるこの予言には、7つの頭を持つ怪物に乗った女性の姿と、支配、戦争、飢饉、そして死をもたらす4人の騎手を解放する子羊が登場する。<br /><br /><strong>■エピソード11「ノストラダムスの息子」</strong><br />1994年、バチカン図書館に隠されていた秘密文書により、高名な予言者ミシェル・ノストラダムスの黙示録的予言が明かされた。<br />この文書はどこから来たのか、またその著者は誰なのか?<br />これらの問いに答えることで、そこに描写された恐ろしい内容が、人類の乱暴な結末を意味するのかについて証明することができるかもしれない。<br /><br /><strong>■エピソード12「ファティマ 第三の秘密」</strong><br />1917年、ポルトガルのファティマという町に住む3人の幼い羊飼いの子供たちが、神の予言を受けたと言いはじめた…。<br />子供たちは聖母マリアの訪問を受けたと報告した。<br />耳を疑うような、3つの死と破滅のお告げを啓示されたが、子供たちは詳細を明かすことを禁じられる。<br />彼らのうち2人は、啓示を受けた3年以内に死亡。<br />3人目のルシアは3つの秘密をバチカンと共有する。<br /><br /><br />原題:THE NOSTRADAMUS EFFECT SEASON ONE<br />© 2016 A&E Television Networks. All rights reserved.<br /><br /><br /><br />
1177

地球脱出

75年後、天体の衝突によって地球は滅亡する。その前に人類は地球を脱出しなければならない・・・。もしも、こうした状況に人類が直面したとしたら、私たちは現在の科学でどこまで対処できるのか?最新のテクノロジーと科学的知見に基づいた、シミュレーション・ドラマで描く。語り萩原聖人内容西暦20XX年、巨大な重力と磁場を持った天体が、太陽系方向に接近していることが判明。地球が破壊される75年のタイムリミットの前に、克... <img src="https://blog-imgs-98-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20170106235236bfa.jpg" alt="地球脱出" border="0" width="500" height="279" /><br /><br /><strong>75年後、天体の衝突によって地球は滅亡する。<br />その前に人類は地球を脱出しなければならない・・・。<br />もしも、こうした状況に人類が直面したとしたら、私たちは現在の科学でどこまで対処できるのか?<br />最新のテクノロジーと科学的知見に基づいた、シミュレーション・ドラマで描く。</strong><br /><br /><strong>語り</strong><br />萩原聖人<br /><br /><strong>内容</strong><br />西暦20XX年、巨大な重力と磁場を持った天体が、太陽系方向に接近していることが判明。<br />地球が破壊される75年のタイムリミットの前に、克服せねばならない課題はいくつもある。<br />地球を脱出するための巨大な宇宙船をいかに建造するか。<br />移住に適した惑星をどうやって見つけ出すか。<br />何光年もの長距離移動を可能にする新たな推進システムは開発できるのか。<br />はては、宇宙船に乗り込む人間をどうやって選抜するか...。<br />こうした問題の数々に、物理学、生物学、社会学といった各分野のエキスパート達が真剣に向き合い、シミュレーションしていく。<br />これまでも、人類は天変地異による様々な困難を経験してきた。<br />史上最大とも言えるこの危機を、人類はその英知によって再び乗り越えることができるのか?<br /><br /><br /><br />
1178

赤ちゃんのヒミツ ~驚くべき生命力~

赤ちゃんの成長の神秘とメカニズムを研究したドキュメンタリー。生まれてから2歳になるまでの間に最も成長すると言われている人間。その間にどんな体の変化を見せ、どんな脳の働きをしているのか、最新の研究を元に赤ちゃんの不思議に迫る。製作スザンナ・プライス監督ジェームズ・ケント製作総指揮アリス・キーンズ=サパーナレーター渡辺徹内容生まれたばかりの赤ちゃんは目がほとんど見えず、焦点が合うのは20センチほど先。母... <a href="https://www.amazon.co.jp/dp/B015ZCZ9KI/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_HKoFybZM43CCH" target="_blank" title="赤ちゃんのヒミツ ~驚くべき生命力~"><img src="https://blog-imgs-98-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/2017011700422998b.jpg" alt="赤ちゃんのヒミツ ~驚くべき生命力~" border="0" width="500" height="334" /></a><br /><br /><strong>赤ちゃんの成長の神秘とメカニズムを研究したドキュメンタリー。<br />生まれてから2歳になるまでの間に最も成長すると言われている人間。<br />その間にどんな体の変化を見せ、どんな脳の働きをしているのか、最新の研究を元に赤ちゃんの不思議に迫る。</strong><br /><br /><strong>製作</strong><br />スザンナ・プライス<br /><br /><strong>監督</strong><br />ジェームズ・ケント<br /><br /><strong>製作総指揮</strong><br />アリス・キーンズ=サパー<br /><br /><strong>ナレーター</strong><br />渡辺徹<br /><br /><strong>内容</strong><br />生まれたばかりの赤ちゃんは目がほとんど見えず、焦点が合うのは20センチほど先。<br />母乳を飲むときの母親の顔との距離だ。<br />聴覚は比較的発達しているが、エコーがかかったように聞こえる。<br />赤ちゃんの泣き声は要求に応じて声色が調整されているという。<br />眠りは浅く、大人の2倍近く夢を見て、眠っている間も脳は活動している。<br />生後半年で世界中の言語の音を聞き分けられると考えられている。<br /><br />・生きるための本能<br />・泣き声を使い分ける<br />・特別な呼吸の仕組み<br />・かわいさも戦略! ?<br />・焦点は20センチ先<br />・原色だけを認識<br />・音にはエコーが・・・<br />・車のエンジン音が好き<br />・脳は眠らない<br />・未完成な脳<br />・順応性の高い脳<br />・大人より多い骨<br />・はやい成長<br />・学習する“危機"<br />・好奇心と行動力<br />・欲求が引き出す能力<br />・歩くメカニズム<br />・自我の目覚め<br />・あらゆる言語を習得可能<br />・話せなくても周囲を理解<br /><br /><br />(C) OXFORD SCIENTIFIC FILMS LTD 2014<br /><br /><br />
1155

最新衛星があばく 地球のミステリー

語り萩原聖人久保田祐佳声の出演宗矢樹頼植竹香菜内容日本の最新衛星がミステリアスな地球の姿をとらえている。2015年7月に本格運用が始まった気象衛星「ひまわり8号」は、高解像度でカラーの画像を高頻度に撮影することで、これまで見ることのできなかった雲の細かい様子を見せてくれる。雲が発生する不思議な様子や、猛威をふるう台風の目で生じる現象、さらに地球規模で連鎖するダイナミックな気象現象まで見えてきた。また2014... <img src="https://blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/201611222128484ed.jpg" alt="最新衛星があばく 地球のミステリー" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>語り</strong><br />萩原聖人<br />久保田祐佳<br /><br /><strong>声の出演</strong><br />宗矢樹頼<br />植竹香菜<br /><br /><strong>内容</strong><br />日本の最新衛星がミステリアスな地球の姿をとらえている。<br />2015年7月に本格運用が始まった気象衛星「ひまわり8号」は、高解像度でカラーの画像を高頻度に撮影することで、これまで見ることのできなかった雲の細かい様子を見せてくれる。<br />雲が発生する不思議な様子や、猛威をふるう台風の目で生じる現象、さらに地球規模で連鎖するダイナミックな気象現象まで見えてきた。<br />また2014年11月から本格運用が始まった陸域観測技術衛星「だいち2号」は、マイクロ波を使って、雲や木々に遮られることのない、ありのままの地表の姿を映し出すことができる。<br />そして富士山の周辺の地表で、謎の円い模様を発見。これはいったい何なのか? <br />さらにマイクロ波の画像を解析すると、地下の様子まで見えてくるという。<br />雲も地表も地下も、宇宙だからこそ見ることができるのだ。<br />いま、日本の誇る最新衛星が続々ととらえている地球の不思議な光景や現象に迫る。<br /><br /><br />(C)NHK<br /><br /><br /><br />
1154

恐竜絶滅 隕石説の真相

語り萩原聖人礒野佑子声樫井笙人玄田哲章宗矢樹頼河本邦弘幸田夏穂植竹香奈内容太古の昔、繁栄をきわめていた恐竜。その絶滅の原因として知られているのが「巨大隕石衝突説」だ。しかし、生命の絶滅は気候変動による地球環境の変化や自然とう汰によって起こると信じられており、当時は支持されなかった。そんな中、無名の地質学者たちが生命進化に大きな影響を与えた隕石衝突説の真相を解明したのだ。6600万年前、地球に一体何が起... <img src="https://blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20161122161936377.jpg" alt="恐竜絶滅 隕石説の真相" border="0" width="500" height="281" /><br /><br /><strong>語り</strong><br />萩原聖人<br />礒野佑子<br /><br /><strong>声</strong><br />樫井笙人<br />玄田哲章<br />宗矢樹頼<br />河本邦弘<br />幸田夏穂<br />植竹香奈<br /><br /><strong>内容</strong><br />太古の昔、繁栄をきわめていた恐竜。<br />その絶滅の原因として知られているのが「巨大隕石衝突説」だ。<br />しかし、生命の絶滅は気候変動による地球環境の変化や自然とう汰によって起こると信じられており、当時は支持されなかった。<br />そんな中、無名の地質学者たちが生命進化に大きな影響を与えた隕石衝突説の真相を解明したのだ。<br />6600万年前、地球に一体何が起こったのか、地質学者たちはいかにして証拠をつかんだのか、その歴史に迫る。<br /><br /><br /><br />
1153

UFO現象の謎を追え 最新科学が迫る驚異の正体

~発見!驚異の大宇宙~UFO現象の謎を追え!最新科学が迫る驚異の正体語り萩原聖人内容突如上空に現れ、奇妙な光を放ちながら、ありえない動きを見せ、消え去るUFO。そのUFOを35年も前から科学的に追い続ける国家機関がある。その名はGEIPAN(ゲイパン)。フランス国立宇宙研究センターCNESの一組織として、全国から寄せられる数多くの「UFO」目撃報告を徹底検証し、膨大なデータベースを作成している。UFOの正体は、多くは明るい星... <img src="https://blog-imgs-91-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/2016112123544335c.jpg" alt="UFOの謎に迫れ!" border="0" width="500" height="319" /><br /><br /><strong>~発見!驚異の大宇宙~<br />UFO現象の謎を追え!<br />最新科学が迫る驚異の正体</strong><br /><br /><strong>語り</strong><br />萩原聖人<br /><br /><strong>内容</strong><br />突如上空に現れ、奇妙な光を放ちながら、ありえない動きを見せ、消え去るUFO。<br />そのUFOを35年も前から科学的に追い続ける国家機関がある。<br />その名はGEIPAN(ゲイパン)。<br />フランス国立宇宙研究センターCNESの一組織として、全国から寄せられる数多くの「UFO」目撃報告を徹底検証し、膨大なデータベースを作成している。<br />UFOの正体は、多くは明るい星や流星、気球等の見間違いだが、それでも説明の付かない事象がいまや「UAP(未確認大気現象)」という新たな分野に位置づけられ、調査・研究の対象となっている。<br />その結果、新たなプラズマ発光現象が発見されるなど、科学成果も挙がっている。<br />一方、どうにも説明の付かない事象が2割以上も存在し、偽造とは思えない映像も数多く残されている。<br />UFO現象は実在するのか?そして、その正体は? <br />謎のUFO現象に挑む科学者たちの情熱を追った。<br /><br />Front1 「UFO神話」はこうして生まれた<br />Front2 UFOを追い続けた天文学者<br />Front3 驚異のUFOテクノロジーに迫る<br />Front4 UFO科学調査最前線<br />Front5 UFOの正体?謎の光に迫れ<br />Front6 空の安全に迫る危機<br /><br /><br /><br />
1174

アーサー・C・クラーク 地球怪奇現象

アーサー・C・クラークが収集した現代のミステリー監修アーサー・C・クラーク内容イギリスで1994年に制作された、全26話のテレビ・シリーズ。クラークが語り手となり世界中の「超科学的な現象」を分析し、科学的な説明をつけていくドキュメンタリー番組。... <a href="https://www.amazon.co.jp/dp/B00005GUEO/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_QO8AybB4Y4J59" target="_blank" title="アーサー・C・クラーク 地球怪奇現象"><img src="https://blog-imgs-98-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/20170104011411128.jpg" alt="アーサー・C・クラーク 地球怪奇現象" border="0" width="500" height="708" /></a><br /><br /><strong>アーサー・C・クラークが収集した現代のミステリー</strong><br /><br /><strong>監修</strong><br />アーサー・C・クラーク<br /><br /><strong>内容</strong><br />イギリスで1994年に制作された、全26話のテレビ・シリーズ。<br />クラークが語り手となり世界中の「超科学的な現象」を分析し、科学的な説明をつけていくドキュメンタリー番組。<br /><br /><br /><br />
1139

ウォーキングwithビースト ~恐竜絶滅後の世界~ エピソード6 氷河期最大のほ乳動物マンモス

太古の世界の映像や音を再現し、哺乳類繁栄の謎に迫る!エグゼクティブ・プロデューサーティム・ヘインズシリーズ・プロデューザージャスパー・ジェイムズプロデューサーナイジェル・パターソンケイト・バートレット音楽ベン・バートレットナレーションケネス・ブラナー内容寒い冬が訪れるとマンモスたちは風の強いツンドラを離れ、アルプス山脈の谷間へと南下する。若いマンモスや弱っているマンモスにとっては過酷な旅であり、彼... <a href="https://www.amazon.co.jp/dp/B00L0XX3R8/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_1tL1xbPM43RCH" target="_blank" title="ウォーキングwithビースト ~恐竜絶滅後の世界~Ⅲ エピソード6 氷河期最大のほ乳動物マンモス"><img src="https://blog-imgs-94-origin.fc2.com/j/e/n/jennylove/2016091200231488d.jpg" alt="ウォーキングwithビースト ~恐竜絶滅後の世界~Ⅲ エピソード6 氷河期最大のほ乳動物マンモス" border="0" width="500" height="710" /></a><br /><br /><strong>太古の世界の映像や音を再現し、哺乳類繁栄の謎に迫る!</strong><br /><br /><strong>エグゼクティブ・プロデューサー</strong><br />ティム・ヘインズ<br /><br /><strong>シリーズ・プロデューザー</strong><br />ジャスパー・ジェイムズ<br /><br /><strong>プロデューサー</strong><br />ナイジェル・パターソン<br />ケイト・バートレット<br /><br /><strong>音楽</strong><br />ベン・バートレット<br /><br /><strong>ナレーション</strong><br />ケネス・ブラナー<br /><br /><strong>内容</strong><br />寒い冬が訪れるとマンモスたちは風の強いツンドラを離れ、アルプス山脈の谷間へと南下する。<br />若いマンモスや弱っているマンモスにとっては過酷な旅であり、彼らはライオンやネアンデルタール人の格好の獲物となってしまう。<br />ネアンデルタール人は狩猟技術を発達させていて、われわれに最も近い先祖であるクロマニョン人と共存していた。<br /><br /><br />(C) BBC 2000<br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop