きみがぼくを見つけた日

2015年12月31日
ラブストーリー・ラブコメ
きみがぼくを見つけた日

別の時空へ消えてしまうぼくを、見つけてくれたのは、きみだった―――。

監督
ロベルト・シュベンケ

脚本
ブルース・ジョエル・ルービン

製作
デデ・ガードナー
ニック・ウェクスラー

製作総指揮
ブラッド・ピット
リチャード・ブレナー
ミシェル・ワイス
ジャスティス・グリーン

キャスト
レイチェル・マクアダムス
エリック・バナ
アーリス・ハワード
ロン・リビングストン
スティーブン・トボロウスキー

ストーリー
ヘンリーは、時空をさまよう男。いつ、どの時代のどこへ飛ぶのかは、自分で選べない。
それは、誰にも信じてもらえない、秘密を抱えた孤独な人生。
ある日、旅した過去で、野原に隠れていた彼をひとりの少女が見つける。
彼女の名前はクレア。一点の曇りもないキレイな心を持つ少女。
クレアが、「未来から来た」というヘンリーの言葉を信じた瞬間から、ふたりの特別な愛の物語が始まった―――。


(C)Internationale Scarena Filmproduktionsgesellschaft 2 mbH & Co. KG and New Line Productions, Inc.




関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー