フライト236

2016年04月17日
パニック
フライト236

大西洋上空 エンジン停止 乗客乗員306名! 予測不能の航空事故…その全貌が明らかになる!
待ち受けるのは奇跡か、それとも最悪の結末か…!?
2001年8月に実際に起きた航空事故、その緊迫した状況を完全再現した衝撃の航空事故×パニック作!


監督
シルヴェイン・アルシャンボール

脚本
イアン・ローゾン

製作
アンドレ・デュピュイ

編集
イヴァン・ティボーデュー

音楽
ミシェル・コリヴォー

キャスト
ミシェル・コート
マキシム・ルフラグアイ
ソフィー・プレジェント
イザベル・ゲラード
ノーマンド·ダマー
ヴィンセント・ルクレール

ストーリー
2001年8月23日カナダのトロント・ピアソン国際空港から乗客乗員、計306名が搭乗したエアトランサット236便が目的地リスボン国際空港へと飛び立った。
しかし離陸後、燃料タンクの損傷により、搭載されていた全燃料を喪失し大西洋上空でエンジン停止のトラブルに見舞われる。
全てのシステムがシャットダウンし、滑空状態となった機体は高度を維持できず次第に降下して行く。
現況を打開する事は不可能と思われた中、機長ロベール・ピシェはポルトガルのラジェス空軍基地へのダイバートを決断するのだった……。
(2010年/カナダ)


(C)Productions Pixcom Inc. MMX. All Rights Reserved.



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー