かいじゅうたちのいるところ

2016年05月19日
ファンタジー
かいじゅうたちのいるところ

世界中で愛されているモーリス・センダック原作の絵本を、鬼才スパイク・ジョーンズ監督により実写化したファンタジー・アドベンチャー。
見たことない世界、忘れてた気持ち。


監督
スパイク・ジョーンズ

製作
トム・ハンクス
モーリス・センダック

脚本
スパイク・ジョーンズ
デイブ・エッガース

原作
モーリス・センダック

キャスト
マックス・レコーズ
ジェイムズ・ガンドルフィーニ
ローレン・アンブローズ
キャサリン・キーナー
マーク・ラファロ

ストーリー
マックスは8歳になる男の子。ある晩、ママに怒られて、泣きながら家を飛び出した。
通りを抜け、林を抜け、気がつけば見知らぬ浜辺。
マックスは目の前にあったボートに飛び乗り、ひとりで海へ漕ぎ出した。
荒れ狂う波を潜り抜け、やがてボートはひとつの島にたどり着く。
島の奥へと入っていくと、そこにいたのは…見たこともない大きな体のかいじゅうたち!
マックスを食べようとするかいじゅうたちに、マックスはとっさに嘘をつく。
「僕を食べちゃダメだ。僕には力があるんだから。それでバイキングの王様にもなったし、前にいたところでも20年間王様をやっていたんだ」
その嘘が功を奏し、なんとマックスはかいじゅうたちの王様として君臨することに……。
そこから始まった想像を超える出来事の連続。
かいじゅうたちの王様としてみんなと楽しく過ごす日々。
これなら理想の王国だって作れるかもしれない。
マックスはそう思ったが、事はそう簡単にはいかなかった。
(2009年 アメリカ)


原題:WHERE THE WILD THINGS ARE
(C)KLG Film Invest GmbH


関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー