土の不思議 ~解明!生命を育む力~

2016年12月05日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
土の不思議 ~解明!生命を育む力~

土はどこから来るのか? 何でできているのか?
様々な実験を通して、土の秘密に迫る!


製作
ジャクリーン・スミス

プロデューサー・ディレクター
グラハム・ラッセル

プレゼンター
クリス・ベアードショウ

内容
土の層が出来るまでには莫大な時間がかかる。
しかし今、その貴重な土が驚くほどの速さで失われている。
土は落ち葉や枯れ木の菌などが分解されることで作り出される。
いわゆる腐葉土が土そのものだ。
何より速いスピードで土を作り出しているのはミミズ。
落ち葉などを食べ、糞として養分がたっぷり含まれた土を排出している。
こうしてできた土には無数の微生物が生きている。
ある土100グラムを焼いてみると重さが70グラムに減った。
つまり、失われた30%が枯葉などの有機物で出来ており、残り70%は鉱物だ。
土は様々な粒子がバランスよく混ざることで、適度に水を保つことが出来る。
植物が生えず、むき出しになった土は雨のしずくによってえぐられ、水の流れとともに土も流されていく。
ただ、土が流されるのを防ぐ方法が意外と簡単だ。
番組では植物や動物の死から新たな命を育み、生態系の根幹である土の役割を考える。


(C) BBC 2014


関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー