もも子、かえるの歌がきこえるよ。

2017年01月16日
アニメ・CGアニメ
もも子、かえるの歌がきこえるよ。

養護学校の教師を務めた星あかりが実体験を元に書いたという原作『もも子、ぼくの妹』を長編アニメーション化。

監督・絵コンテ
四分一節子

製作・企画
桂壮三郎

プロデューサー
出崎哲

原作
星あかり『もも子・ぼくの妹』(大日本図書・刊)

脚本
小出一巳
末永光代

キャスト
伊藤つかさ
間宮くるみ
内山昂輝
大西治人

ストーリー
妹のもも子は知的な遅れと体の障害があり、いつも酸素ボンベで呼吸しながら、養護学校に通っていました。
「お兄ちゃんだけ小学校へ行って、ずるい! もも子も行きたい!」と毎日駄々をこねて力を困らせるもも子ですが、大好きな「かえるの合唱」を歌うと笑顔になった。
力の授業参観日に小学校へ見学に行ったもも子は、ドッジボールをする力を大声で応援する。
おかげで力のチームは勝利!
しかし、試合に負けたクラスメートの竜二は、「あいつをもう来させるな。バカがうつる」と言葉を投げつけ、怒った力は竜二を殴ってしまう。
教頭先生や両親に叱られますが、力はもも子を馬鹿にされた事を言うことができず、一人でじっと我慢した……。
(2003年 日本)


(C)2003 映画「もも子」製作委員会



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー