約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

2017年01月30日
ドラマ・ヒューマン
約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

1961年(昭和36年)に三重県名張市で行った「名張毒ぶどう酒事件」の犯人として投獄され、無実を訴え続けている奥西勝死刑囚の半生を描いたドラマ。

監督・脚本
齊藤潤一

プロデューサー
阿武野勝彦

製作
広中幹男
喜多功

キャスト
仲代達矢
樹木希林
天野鎮雄
山本太郎

ナレーター
寺島しのぶ

ストーリー
昭和36年、三重県名張市の葛尾村で、ぶどう酒を飲んだ女性15人が倒れ、そのうち5人が死亡する事件が発生。
村で農業を営む奥西勝も妻が犠牲になるが、警察は「妻と三角関係にあった女性をまとめて毒殺する計画だった」として奥西を逮捕する。
奥西は一度は犯行を自白するものの「警察に自白を強要された」と主張して一審で無罪判決。
しかし、二審で死刑判決となり、昭和47年に最高裁で死刑が確定。
戦後唯一の無罪からの逆転死刑判決となる。
いつ訪れるか分らない刑執行におびえ、事件から50年以上にわたり再審請求を繰り返している奥西の孤独や恐怖を描き出していく。
(2012年 日本)



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー