科学のフロンティア7「ナノ精度加工から精密加工まで 未来を創る超鏡面加工技術ELID」

2018年07月26日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
科学のフロンティア7「ナノ精度加工から精密加工まで 未来を創る超鏡面加工技術ELID」

広範な理研の最先端科学研究の中から、ひとつの研究分野を取上げ、
その基礎知識から最新の研究現場まで掘り下げて詳しく紹介するシリーズ。


制作
理化学研究所

所属機関・協力機関
理化学研究所
独立行政法人理化学研究所
理化学研究所 大森素形材工学研究室主任研究員 大森整(独立行政法人理化学研究所)
(株)サン精密化工研究所 エンジニア 八須洋輔


キャスター
小泉陽以(エス・オー・プロモーション)

ナレーター
服部敦(エス・オー・プロモーション)

内容
「超鏡面加工技術ELID研削法」
最新のテクノロジーによって様々な製品が高性能化、小型化しています。
重要な部品となるシリコンウエハーやレンズでは限りなくきれいで滑らかな表面、超鏡面と呼ばれる精度が必要です。
また微細加工には超精密な工具が必要となります。
それらを「研削」という技術で可能にしている「ELID研削法」とはどんな技術なのか。
進化しつづける超精密加工技術を紹介します。
(2004年)




関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー