科学のフロンティア11「分子がつなぐ新しい地球環境 環境分子科学研究推進グループ」

2019年02月25日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
科学のフロンティア11「分子がつなぐ新しい地球環境 環境分子科学研究推進グループ」

広範な理研の最先端科学研究の中から、ひとつの研究分野を取上げ、
その基礎知識から最新の研究現場まで掘り下げて詳しく紹介するシリーズ。


制作
理化学研究所

所属機関・協力機関
前田瑞夫(理化学研究所 環境分子科学研究推進グループ グループヘッド)
伊藤幸成(理化学研究所 伊藤細胞制御化学研究室 主任研究員)
侯召民(理化学研究所 侯有機金属化学研究室 主任研究員)
阿部英喜(理化学研究所 先端技術開発支援センター 化学分析チーム・専任研究員)
和田達夫(理化学研究所 和田超分子化学研究室 主任研究員)
大熊盛也(理化学研究所 環境分子生物学研究室 副主任研究員)

ナビゲーター
榎木孝明

ナレーター
松丸智子

内容
理化学研究所では6つのチーム集まって環境問題解決に向けた研究を進めています。
キーワードは「環境分子科学」。
モノを「作る」過程、「分解」する過程、そして有害物質を「測る」過程を分子レベルで見直し、環境に負荷をかけない新しい技術を開発しています。
地球環境に対して科学は何ができるのか。研究者たちの取り組みを紹介します。
(2008年)



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー