脳内薬品が心を操る

2018年03月29日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
脳内薬品が心を操る

内容
アメリカ・ニューヨーク州。
プロザック(脳内薬品)を飲んでいる人は2000万人以上。
中心となっているアメリカでは、あらゆる地域、年代、職業に亘っています。
薬を飲んだ自分。薬を飲まない自分。どちらの自分が本当の自分なのか?
それに答える科学的根拠を私達は持ち合わせていません。
しかし、薬によって自分を変えられる時代は、現実のものになろうとしています。
薬に心を委ねようとする現代のストレス社会。
私達はそれとどう向き合っていくのでしょうか?
日本でも脳内薬品SSRIは数社による臨床試験が行われ、すでにその一部は承認を待っています。




関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー