シンデレラ

2018年01月01日
アニメ・CGアニメ
シンデレラ

幅広い世代から愛され続ける『シンデレラ』は、1950年2月15日に全米で初公開され、その美しい映像や、アカデミー賞(R)主題歌賞にノミネートされた“ビビディ・バビディ・ブー”を始めとする陽気なメロディー、魅力的なキャラクター、そしてファンタジックなストーリーで世界中を一気に魅了しました。

製作総指揮
ウォルト・ディズニー

原作
シャルル・ペロー

監督
ウィルフレッド・ジャクソン、ハミルトン・ラスク、クライド・ジェロニミ

脚本
ウィリアム・ピート、テッド・シアーズ、ホーマー・ブライトマン、ケネス・アンダーソン、アードマン・ペナー、ウィンストン・ヒブラー、ハリー・リーブス、ジョー・リナルディ

製作監修
ベン・シャープスティン

アニメーション監督
フランク・トーマス、ウルフガング・ライザーマン、ウォード・キンボール、オリー・ジョンストン、ミルト・カール、エリック・ラーソン、ジョン・ラウンズベリー、マーク・デイビス、レス・クラーク

音楽監督
オリバー・ウォレス、ポール・スミス

挿入歌作曲
マック・デイヴィッド、ジェリー・リヴィングストン、アル・ホフマン

キャスト
シンデレラ:アイリーン・ウッズ/鈴木より子
王子:ウィリアム・ピップス/風雅なおと
妖精のおばあさん:ヴェルナ・フェルトン、クレア・デュブレイ/京田尚子
ドリゼラ:ローダ・マクドナルド/藤田淑子
アナスタシア:ルシール・ブリス/高乃麗
王様:ルイス・ヴァン・ロッテン/富田耕生
ジャック:ジム・マクドナルド/山寺宏一

ストーリー
周囲の人々の命じるまま、働き続けるシンデレラ。
冷酷なまま母やイジワルな義理の姉たちだけでなく、教会の大時計さえもが毎朝、辛い労働の日の始まりをシンデレラに告げます。
それでも夢見ることだけは誰も止められません。
シンデレラはいつか願いが叶うと強く信じ続けます。
ある時、宮廷舞踏会への招待状が届き、シンデレラがやっと夢が叶う時がきたと喜んだのもつかの間、まま母トレメイン夫人に焚き付けられた義理の姉たちはシンデレラのドレスをビリビリに破いてしまいます。
シンデレラが希望を失いかけた時、妖精のおばあさんが現れ、「ビビディ・バビディ・ブー」という呪文とともに魔法の杖を一振りすると、カボチャは壮麗な馬車に、そしてシンデレラのボロボロの服は光り輝くドレスに変わり、シンデレラは宮廷舞踏会に出かけて行きます。
でも、深夜の12時になった途端、魔法は解けてしまいます―。
しかし、勇敢な友だちのネズミたちの助けとガラスの靴のおかげで、シンデレラの物語は最高のハッピーエンドで終わるのです。
(1950年/アメリカ)


原題:CINDERELLA
©Disney



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー