宇宙をめぐる地球 -その秘密に迫る- 第2話 太陽と地球

2019年12月02日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
宇宙をめぐる地球 -その秘密に迫る- 第2話 太陽と地球

宇宙をめぐる地球を1年にわたって追いかけ、その壮大な旅が私たちにもたらす驚くべき影響を探るシリーズ!

プロデューサー
ジョナサン・レノーフ
スティーブン・マーシュ

キャスト
ケイト・ハンブル(BBCプレゼンター)
ヘレン・チェルスキー(物理学者)

内容
地球と太陽との関係に焦点を当て、1月から3月の春分までの旅を追う。
地球から太陽までの距離は、生命が生きていくために最適な距離を保っている。
それは、水が氷や水蒸気に「変化する」ことができる位置関係。
この変化が地球の気候を生み出している。
物理学者のヘレンは、北アメリカのオンタリオ湖を訪れ、地球上で最大最速といわれる吹雪を伴う激しい嵐を目撃する。
番組ホストのケイトは、地球が1年で一番太陽に近づく日、スコットランドで最も高い山への登頂に挑戦。
更にチリの世界最南端の町で見られる氷河、カナダ北部の街・イエローナイフにある厚い氷に覆われた湖、中央アメリカ・ベリーズにある「ブルーホール」と呼ばれる海底の洞窟へ足を運ぶ。
太陽や地球の気候や生命にどう関係しているのか、また軌道の変化が地球にどのような影響を与えるのか。
太陽と地球の密接なつながりに迫る。


(C)BBC 2012


関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー