殺人犯の心理学「自己顕示型殺人犯」

2018年09月27日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
殺人犯の心理学

連続殺人などの凶悪事件を、犯罪者の心理状態から検証していくシリーズ。
罪の意識をレベルに応じて分類し、本人へのインタビューやニュース映像などから、心の動きや精神状況を暴く。
その裏には、生い立ちや思考回路が、罪に対する認識を左右させているようだ。


キャスト
マイケル・ストーン博士

内容
世間の目を引こうとする殺人犯もいる。
警察からの逃走劇を楽しんだり、殺人現場に自分の身元を割り出せる物を残していったり、新聞に手紙を送ってきたりするのだ。
ニューヨーク市民を恐怖に陥れた、「サムの息子」と名乗る快楽殺人鬼や、ワシントンDCの連続狙撃事件の犯人などもそうだった。
マイケル・ストーン博士が3つのケースをプロファイリングする。


原題:MOST EVIL



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー