巷説百物語

2018年11月22日
アニメ・CGアニメ
巷説百物語

第130回直木賞受賞の人気作家・京極夏彦の人気シリーズを初アニメ化。
アニメならではの斬新なイメージで、京極ワールドを見事に描き出している!
さらに本人も“京極亭”役で声の出演も!


原作
京極夏彦

監督
殿勝秀樹

絵コンテ・演出
奥脇雅晴、工藤鉱軌、細田雅弘、大庭秀昭

シリーズ構成
藤岡美暢

脚本
藤岡美暢、高橋洋、村井さだゆき、神原裕

キャラクターデザイン
宮繁之

作画監督
石本英治、小山知洋、山崎建志

美術監督
宮野隆

色彩設計
西香代子

音響監督
なかのとおる

キャスト(声)
山岡百介:関俊彦
又市:中尾隆聖
おぎん:小林沙苗
長耳:若本規夫
黒庵・白庵:野沢雅子
京極堂:京極夏彦

ストーリー
舞台は安泰が揺らぐ江戸幕末の日本。
闇に葬られた事件の解決を請け負う不気味な気配の3人組がいた。
「御行為奉」の言葉と共に、人を殺めて生きながらえる罪人へ天に代って裁きを下す。
全13話。

■第1話 小豆洗い(あずきあらい)
豪雨の中、僧侶の円海と共に備中屋で雨宿りをした百介は、徳右衛門という老人から、妖怪・小豆洗いの話を聞かされる。話が進むにつれ、次第に円海の様子がおかしくなっていく。

■第2話 柳女(やなぎおんな)
江戸の旅館・柳屋では、嫁いできた嫁と赤ん坊が次々と謎の死をとげていた。庭の柳の木が嫁に嫉妬して殺すのだという。百介が柳屋を訪れたとき、また新たな花嫁が襲われた。

■第3話 白蔵主(はくぞうす)
小狐を猟師に殺された化け狐が、寺の和尚に化け、その猟師に殺生をしないように諭したという白蔵主伝説。百介が山の中で出会った弥作は、まさにその伝説に出てくるような猟師だった。

■第4話 舞首(まいくび)
浜辺の村で百介が出会った美女・お吉は、実の娘に欲情を抱く父の又重郎に追われていた。お吉は、父と自分との浅ましい姿を妹のお玉にだけは知られたくないと思うあまり、ついに……。

■第5話 塩の長司(しおのちょうじ)
行き倒れて、馬飼いの塩屋長次郎の屋敷で介抱され、馬の肉を食べさせられた百介は、激しい腹痛に見舞われる。同時に、主人の長次郎も腹痛に苦しんでいた。長次郎が食べた獣の肉とは……。

■第6話 芝右衛門狸(しばえもんだぬき)
人形浄瑠璃の芝右衛門一座の周囲では、辻斬りが横行していた。一座には、自分の正体は狸だと明言する若侍がいた。百介は、鎖に繋がれた若侍に同情するが、辻斬りの正体はこの男だったのだ!

■第7話 帷子辻(かたびらつじ)
京都の帷子辻では、次々と女性の腐乱死体が捨てられるという怪事件が起きていた。百介は、与力の笹山玄蕃と緒方佐十郎と共に事件の解明に当たる。そのとき、おぎんそっくりの死体が帷子辻に……。

■第8話 野鉄砲(のでっぽう)
八王子に住む兄・軍八郎の同僚が額に石を打ち込まれて殺されるという事件に遭遇した百介は、妖怪・野鉄砲の仕業だと判断する。だが、山狩りに向かった軍八郎たちを別の野鉄砲が狙っていた!

■第9話 狐者異(こわい)
3度目の打ち首からも甦った稲荷坂の祇右衛門は、妖怪・狐者異だと噂されていた。しかも、祇右衛門は大店の一人娘だったおぎんの両親を殺した犯人だったのだ!

■第10話 飛縁魔(ひのえんま)
逃げた花嫁・白菊の捜索を依頼された百介は、白菊を知る僧・良順を訪ねた。その良順を、白菊の幼なじみ龍田が狙っていた。実は龍田は白菊を焼き殺し、その名を語って悪事を重ねていたのだった。

■第11話 船幽霊(ふなゆうれい)
海上で船幽霊に襲われた百介は、海に投げ出される。百介が流れ着いた島には、川久保一族が代々守ってきた究極兵器・飛火槍が眠っていた。そして、ついにその恐るべき威力が発揮される!

■第12話 死神或いは七人みさき(しにがみあるいはしちにんみさき) 前編
百介は、元北林藩士の東雲右近から七人みさきの祟りの話を聞く。7人の死神が鼠算式に次々に人を殺していくというのだ。百介は、それが無残絵と関係していることを見抜き、北林藩に向かう!

■第13話 死神或いは七人みさき(しにがみあるいはしちにんみさき) 後編
北林藩主・景亘は、配下の者たちを使い、残虐の限りをつくしていた。しかも、飛火槍まで手に入れ、すべてを破壊しつくそうとしているのだ。又市一味と百介は、なんとかそれを阻止しようとする。


(C)京極夏彦/TMS・東宝・CBC・RKB・RCC


関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー