鋼鉄ジーグ

2019年09月23日
アニメ・CGアニメ
鋼鉄ジーグ

瀕死の重傷を負いサイボーグとして生まれ変わった司馬宙。
ビッグシューターから射出されるパーツと、頭部に変形する宙が合体、古代よりの侵略者・女王ヒミカとその配下たちが操るハニワ幻人と戦う。
永井豪と安田達矢が、日本古代史をモチーフに作り上げた「マジンガーZ」「ゲッターロボ」と並ぶスーパーロボットアクションアニメの傑作。
放送当時は、主役メカのジーグが磁力を使って合体するという機構は、玩具でも大ヒットを記録した。


原作
永井豪・安田達矢とダイナミック企画

企画
宮崎慎一(NET)、横山賢二

製作担当
大野 清

ディレクター
明比正行

キャラクターデザイン
中村一夫

デザイナー
浦田又治、勝又 激

音楽
渡辺宙明

脚本
山浦弘晴、藤川桂介、安藤豊弘

監督
明比正行 ほか

キャスト(声)
古谷 徹
吉田理保子
村瀬正彦
高橋和枝
田の中勇
山田俊司
加藤 修
山口奈々
緒方賢一

ストーリー
司馬宙はカーレースで瀕死の重傷を負い、父親である司馬博士の技術でサイボーグとして生まれ変る。
すでに司馬博士自身は亡くなっているが、その知能と意思の全てが巨大コンピュータの中に収められ、マシンファーザーとして司馬を指導する。
司馬博士殺される原因となったのは、彼が発掘した銅鐸が、敵の古代帝国である邪魔台国の重要な秘密を握っていたためだ。
それが今、司馬宙の体内に埋め込まれている。
その銅鐸を奪うために、古代よりの侵略者、女王ヒミカとその配下たちが操るハニワ幻人が襲来する。
卯月美和の乗るビッグシューターから射出されるジーグのパーツと、頭部に変形する宙が合体、鋼鉄ジーグとなって磁力を駆使した戦闘用オプションパーツを使いハニワ幻人を倒し、ヒミカの野望を打ち砕く!

放送期間
1975年10月~1976年8月 NET(現・テレビ朝日)系にて放送


(C)ダイナミック企画・東映アニメーション


関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー