神秘の太陽系 地球外生命体

2014年03月29日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
神秘の太陽系 地球外生命体

制作
ダニエル・ペック

制作総指揮
アンドリュー・コーエン

内容
地球は、表面に水がある唯一の惑星だと言われている。
しかし、これまで他の惑星に液体が存在したことはなかったのだろうか。
ブライアンは、火星の表面に大量の水によって岩が削られた痕跡があることから、かつて火星にも膨大な量の水があったと推測する。
さらに、火星探査機オポチュニティが、火星に水があったことを示す石こうを発見したことから、遠い過去のある時点では、火星には確かに水が存在していたと指摘、さらに有毒な硫化水素ガスが発生している洞くつにも、様々な生物が存在するのであれば、火星の地下にも生物がいる可能性があるはずだと、ブライアンは語る。
地球以外の惑星に生命体はいるのか? という最大の謎の答えを見つけるべく、生命を維持できる環境を持った惑星を太陽系の中から探すことを試みる。


関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー