レミーのおいしいレストラン

2014年10月25日
アニメ・CGアニメ
レミーのおいしいレストラン

「あきらめない」が、夢のレシピ。
『レミーのおいしいレストラン』


脚本・監督
ブラッド・バード

製作
ブラッド・ルイス

製作総指揮
ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン

ストーリー原案
ヤン・ピンカヴァ、ジム・カポビアンコ、ブラッド・バード

ストーリー監修
マーク・アンドリュース

プロダクション・デザイン
ハーレイ・ジェサップ

音楽
マイケル・ジアッチーノ

出演(声)
アルフレッド・リングイニ: ルー・ロマーノ / 佐藤隆太
レミー: パットン・オズワルト / 岸尾だいすけ
スキナー: イアン・ホルム / 浦山迅
ジャンゴ: ブライアン・デネヒー / 麦人
エミール: ピーター・ソーン / 茶風林
イーゴ: ピーター・オトゥール / 家弓家正
オーグスト・グストー: ブラッド・ギャレット / 有川博
コレット: ジャニーン・ガラファロ / 甲斐田裕子


ストーリー
料理が大好きなネズミのレミーは、一流レストランのシェフになることを夢見ていた。
ある日、姿を家の主人に見つけられ、一族は巣を追われることに。
レミーは家族とはぐれてしまい、ひとりぼっちでパリの一軒のレストランにたどり着く。
そこはレミーが尊敬するフレンチ料理人、グストーのレストランだった!
そのキッチンでは、見習いシェフのリングイニがヘマをして、スープを台無しにしてしまう。
湧き上がる情熱を抑えきれずキッチンに足を踏み入れたレミーは、夢中になってスープを作り直すが、それをリングイニに目撃されてしまった。
料理の才能が無いことを悩んでいたリングイニは、この小さな天才シェフが人間の言葉を理解してると知り、とんでもないアイデアを思いつく。
「二人で、パリ一番のシェフを目指すんだ!」
シェフを夢見るネズミと、料理が苦手な見習いシェフ ―その出会いはやがて、フランス料理界をも揺るがす“大事件”を巻き起こすのだった・・・。


「レミーのおいしいレストラン」 商品詳細を見る



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー