時代劇法廷 被告人は徳川吉宗

2015年05月19日
バラエティ・趣味・娯楽・アート
時代劇法廷 被告人は徳川吉宗

“ドラマ”+“情報番組”+“時代劇”それが「時代劇法廷」だ!
歴史上の人物を現代的裁判でシュールに裁く、時代劇専門チャンネル流知的エンターテインメント番組。


演出
大里治磨

脚本
久保裕章

出演
渡辺いっけい、福士誠治、眞島秀和、森下哲夫、茅島成美、井沢元彦

内容
"徳川幕府中興の祖"とも言われる名君で、「暴れん坊将軍」でもおなじみの八代将軍・徳川吉宗が今回の被告人。
享保の改革・目安箱など、まさに"スーパースター"と呼ぶにふさわしい吉宗は 本当に名君だったのか?
罪名は「詐欺罪」。
「被告人・徳川吉宗は 庶民の味方という揺るぎないスターダムを築き上げたが、それは吉宗自身による自己像のでっちあげであり、その実像は苛烈な倹約政策と重税を推し進め、庶民を疲弊させた張本人」というのが時代劇検察官の主張だ。
「大岡越前」でおなじみの大岡忠相が弁護人側証人として出廷し"時代劇黄金コンビ"で余裕の構えの吉宗だが、 やがてそのスター然とした態度の裏に潜む弱気で孤独な本性が垣間見え…。

関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー