凶悪犯罪の科学捜査 法医昆虫学

2015年12月14日
ナショナル ジオグラフィック
凶悪犯罪の科学捜査 法医昆虫学

「凶悪犯罪の科学捜査」は、科学捜査の転換期に焦点を当て考察するシリーズ。
DNA鑑定、指紋、弾道学など、法医学の各分野から検証する、世界に衝撃を与えた殺人事件。


法医昆虫学 (Insect Evidence)
腐敗した死体の上でうごめくウジ虫や、容疑者の車のフロントグリルについていた昆虫が、警察が解決すべき難解な殺人事件の有力な証拠になることはよくある話だ。
今回のエピソードは、犯罪取り締まりのツールとしての昆虫学の歴史を特集する。
法医昆虫学は、ウジ虫から死亡時間を割り出したほか、昆虫から犯罪現場を特定するなど、世界中の殺人事件を解決してきた科学である。
このエピソードでは、昆虫が証拠となって、冷血な殺人犯を逮捕に導いた2件のショッキングな事件を取り上げ、犯罪取り締まりツールとしての昆虫学の歴史、刻々と進化し続ける科学の驚くべき最先端の技術を記録した。

原題:Crime Lab (Insect Evidence)



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー